All about Photonics

ニュース

ETH、ミリメートル精度で脳に薬剤送達する新方法

October, 27, 2020, Zurich--

集中的な超音波は、ETH研究者が脳にピンポイント精度で薬剤を送達する際に役立つ。言い換えると、効果を望むとことろにのみ送達する。この方法により、将来的には、精神疾患、神経疾患、腫瘍の処置をほとんど副作用なしで実行できるよ […]

全文を読む

加賀市医療センター、ウシオ「Care222」を導入

October, 26, 2020, 東京--

ウシオ電機(ウシオ)は、有人環境下で使用できる紫外線ウイルス抑制・除菌装置「Care222」U3ユニット30台を、加賀市医療センター(石川県加賀市)に設置し、10月7日より稼働を開始した。 これは、ウィズコロナ時代の新型 […]

全文を読む

光超音波顕微鏡Hadatomo Z用 2波長レーザを開発

October, 22, 2020, 東京--

アドバンテストは、当社の光超音波顕微鏡「Hadatomo™ Z」向けに、皮膚のメラニンと血管網を3D画像で識別可能な2波長レーザを開発した。従来装置では困難だった、メラニンと血管網の位置関係を一目で把握することができ、皮 […]

全文を読む

ポータブル光音響乳房イメージングシステム

October, 19, 2020, Buffalo--

Buffaloで開発中の新しいポータブルイメージングシステムは、密度の高い乳房の女性で乳ガン特定を改善する可能性がある。  研究成果は、IEEE Transactions on Biomedical Engineerin […]

全文を読む

眼内水晶体の混濁度や分光特性を数秒で測定できるシステムの開発

October, 13, 2020, 福岡--

目の中にある水晶体は加齢に伴い混濁(光学濃度が上昇)していき、光の透過率が低下する。水晶体がどのくらい混濁しているのか、どの波長の光をどのくらい通すのか(分光透過率)といった情報は、例えば白内障の診断や視覚・色覚研究、体 […]

全文を読む

アダプティブオプティクス市場、2027年に4億6320万ドル

October, 12, 2020, San Francisco--

Grand View Research, Incのレポートによると、世界のアダプティブオプティクス市場規模は、CAGR 9.0%で拡大し、2027年には4億6320万ドルに達する見込である。  様々な網膜疾患の増加が、市 […]

全文を読む

可視光応答形光触媒による新型コロナウイルス不活化を確認

October, 8, 2020, 東京--

東京工業大学(物質理工学院 材料系 宮内雅浩教授)、奈良県立医科大学(微生物感染症学講座 中野竜一准教授)、神奈川県立産業技術総合研究所(研究開発部 抗菌・抗ウイルス研究グループ)の研究グループは世界で初めて可視光応答形 […]

全文を読む

レーザが微小電子ロボットを動かす

October, 6, 2020, Chandler--

コーネル大学をリーダーとするグループが、半導体コンポーネントを組みこみ、標準電子信号で、歩かせるなど、ロボットを制御できる初の微細ロボットを作製した。 これらのロボットは、ゾウリムシ程度のサイズであるが、シリコンベースの […]

全文を読む

ソフト材料3Dプリンティングに新方法

October, 6, 2020, Gaithersbur--

NISTの研究者は、ゲルや他のソフト材料を3Dプリンティングする新しい方法を開発した。論文によると、ナノメートルスケールで複雑な構造を作ることができる。多くのゲルは、生きた細胞と相性がいいので、その新しい方法は、薬剤輸送 […]

全文を読む

プラズマ散乱顕微鏡で個別タンパク質を精密イメージング

October, 2, 2020, Tempe--

アリゾナ州立大学のShaopeng Wang教授のチームは、新しい研究でタンパク質を詳細に調べる方法を説明している。これをするために研究グループは、表面プラズモン共鳴(SPR)として知られる現象を利用し、それを革新的顕微 […]

全文を読む

微小パッケージに光音響、蛍光イメージングを統合

September, 29, 2020, Washington--

グルノーブル大学(Université Grenobe)の研究チームは、人の髪の毛よりも細いデバイスに光音響イメージングと蛍光イメージングを独自に統合した新しい内視鏡を実証した。デバイスは、神経活動と同時に血液動態の計測 […]

全文を読む

バース大学、DUV光で感染を急襲するプロジェクト

September, 29, 2020, Bath--

バース大学の研究者は、危険な感染や「手術不能」なガン治療の変革を狙った大きなプロジェクトで協力する。 バースの研究チームは、DUVを利用する独創的方法を見つけ出すことで、危険な感染や「手術不可能」なガン治療の変革を狙った […]

全文を読む

フレキシブル医療ロボット用にローコスト、高精度GPSライクシステム

September, 25, 2020, San Diego--

UCSDのロボット研究者が、人の体内のフレキシブル手術ロボットの位置を追跡する手頃な価格、使いやすいシステムを開発した。同システムは,現在の最先端の方法で動作するが、遙かに低価格である。多くの現在の方法は、放射光も必要と […]

全文を読む

TUM、世界最小の超音波ディテクタを開発

September, 24, 2020, Munich--

ミュンヘン工科大学(TUM)とHelmholtz Zentrum Münchenの研究者は、世界最小の超音波ディテクタを開発した。それは、シリコンチップ(約3×6㎜)表面に設置した微小光回路をベースにしており、平均的な人 […]

全文を読む

新しい3Dイメージング技術で前立腺ガンの発見が高速化

September, 24, 2020, Eindhoven--

新しい超音波イメージング技術で前立腺ガンを検出。利用される技術は、電気工学部、dr.ir. Massimo Misschi 教授が開発した。TU/eスピンオフ、Angiogenesis Analyticsは、この診断法を […]

全文を読む

オリガミからヒント、手術ロボットのサイズを縮小

September, 23, 2020, Cambridge--

侵襲性の少ない腹腔鏡手術では、小さな切開に挿入されたツールと微小カメラを使って医者が手術を行う。これは過去半世紀、患者と医者の両方にとって外科手術の安全性を高めた。最近、多数のツールを同時に、従来技術よりも一段と高精度、 […]

全文を読む

レーザで食肉処理過程の鶏肉を殺菌

September, 23, 2020, Hanover--

鶏肉はバクテリアに汚染されていることがよくある。食肉処理で塩素処置はEUでは認められていない。Laser Zentrum Hannover eV (LZH)は、現在、新しい研究プロジェクトで、UVレーザ処理とバクテリオフ […]

全文を読む

スタンフォード、脳研究にシリコンコンピューティングパワーを利用

September, 18, 2020, Stanford--

スタンフォード大学の研究チームは、脳をシリコンベースの技術に直結する新しいデバイスを開発した。脳と機械とのインタフェースデバイスは、すでに存在しており、これらは人工器具、病気の治療や脳研究で使われている。この最新デバイス […]

全文を読む

高感度プロチアーゼモニタリングに導波路を利用

September, 17, 2020, Washington--

ベルギー、ゲント大学(Ghent University) IMEC研究センタのNina Turkが、OSAで研究発表を行う。  研究チームは、微小導波路を使って表面増感ラマン分光法(SERS)によりプロチアーゼ活性を初め […]

全文を読む

鉄ナノロボット、標的細胞の動きを追跡

September, 14, 2020, Saudi Arabia--

体内の生きた細胞をKAUST (King Abdullah University of Science and Technology)で開発された新しい方法を使うことで、その位置や移動を非侵襲的にリアルタイムで何日も追跡 […]

全文を読む

原子厚マシンビジョンプロセッサが人の眼を模倣

September, 14, 2020, Cambridge--

Harvard John A. Paulson School of Engineering and Applied Sciences (SEAS)の研究者は、Samsun先端研究所と協力して、2D材料を使って作製した人工 […]

全文を読む

マウスの脳細胞変化、発達をマッピングする方法を開発

September, 11, 2020, University Park--

ペンシルバニア州立大学の研究者は、脳の発達における重要な節目を研究するための新しい方法を開発した。ペンステート神経・行動科学准教授、Yongsoo Kimは、その方法を使って、正常発達マウスと自閉症スペクトラム障害のマウ […]

全文を読む

赤外レーザの照射によるアミロイドタンパク質凝集体の解離機構を解明

September, 11, 2020, 東京--

東京理科大学総合研究院赤外自由電子レーザ研究センターの川﨑平康研究員、フランス国立科学研究センターのPhuong H. Nguyen博士、あいちシンクロトロン光センター、名古屋大学シンクロトロン光研究センターらの研究グル […]

全文を読む

人の皮膚のように痛みに反応する新しい電子スキン

September, 10, 2020, Melbourne--

RMIT大学の研究チームは、人の皮膚のように痛みに反応する電子的人工皮膚を開発した。これは、優れた人工皮膚、よりスマートなロボット工学、非侵襲的な人工皮膚の代替への道を開く。 RMIT大学チームが開発したプロトタイプデバ […]

全文を読む

人工股関節の置き換え、レーザで骨セメントを除去

September, 9, 2020, Hannover--

股関節を置き換えるとき、まず大腿骨の古い骨セメントを除去しなければならない。複雑な手順である。Laser Zentrum Hannover e.V. (LZH)は、内視鏡ベースレーザシステムを開発した。これにより医者は古 […]

全文を読む

OCTベース技術、フォトレセプタ機能の微妙な細部を捉える

September, 1, 2020, Washington--

UC Davisの研究者は、新しい計測器を開発し、これにより生きた人の眼の個々の桿体錐体の光誘起変形を初めて計測した。その新しいアプローチはいずれ、加励性黄斑変性症などの網膜疾患を改善できる。 「われわれの装置は、細胞レ […]

全文を読む

X線からガンマ線まで1台で同時に可視化できる装置を考案

September, 1, 2020, 大阪--

大阪大学大学院医学系研究科核医学講座のチームは、早稲田大学理工学術院の片岡淳教授らの研究チーム、大阪大学放射線科学基盤機構と共同で、数十キロ電子ボルトから数メガ電子ボルトのX線ガンマ線を同時に可視化できる、コンパクトなカ […]

全文を読む

体外からがん組織深部まで観察できる近赤外蛍光・有機シリカナノ粒子作製

August, 28, 2020, 山口--

山口大学大学院医学系研究科の中村教泰教授のグループは、徳島大学大学院医歯薬学研究部の安倍正博教授、九州大学歯学研究院の林幸壱朗准教授のグループと共同で、蛍光生体イメージングで体外からがん組織を深部まで観察できる近赤外蛍光 […]

全文を読む

顕微鏡アプローチで肝疾患に新たな洞察

August, 26, 2020, Yuseong--

KAIST(韓国科学技術院)の研究チームは、マウスモデルで、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の進行を可視化する新しい方法を開発した。新しい顕微鏡法により高解像度3D画像が得られる。これは、肝臓に脂肪が蓄積しすぎる […]

全文を読む

EPFL、超解像度顕微鏡で細胞内の捩じれが明らかに

August, 21, 2020, Lausanne--

EPFLの生物物理学者は、ナノスケールの構造、哺乳類の細胞の動力学をプローブするために高スループット超解像度顕微鏡を開発した。これにより、細胞分裂にとって重要な細胞小器官の屈曲が前例のない細部で示される。 細胞運動性や細 […]

全文を読む

1 / 512345

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。