All about Photonics

Science/Research

LED電球の下では白色の区別が出ないこともある

May, 20, 2014, University Park--

照明の専門家によると、照明が白熱電球や蛍光灯からLEDに替わると、白の違いが全て同じに見える可能性がある。  最近の家庭用、商用照明ではLED電球が使われるようになっている。LEDは現状では高価であるが、コンパクトな蛍光 […]

全文を読む

EPFL、モリブデナイト太陽電池、LED開発

April, 28, 2014, Lausanne--

スイス連邦工科大学(EPFL)の研究チームは、モリブデナイトを使ってコンピュータチップのフラッシュメモリデバイス、写真センサを造ったが、今度は電子ポテンシャルに踏み込み、光を放出し、光を吸収して電気を生成できるダイオード […]

全文を読む

MIT、励起子の動きを初めて直接観察

April, 21, 2014, New York--

励起子と呼ばれる疑似粒子は、太陽電池、LED、半導体回路などのデバイス内でエネルギー移動に関わっており、何十年も前から理論的には知られている。しかし材料内での励起子の動きをこれまで直接観察したことはなかった。 MITとニ […]

全文を読む

LEDのグリーンギャップを埋めるナノ構造

April, 14, 2014, Berwyn--

DNA鎖の半分の幅のナノ構造によってLEDの効率が向上する。特に「グリーンギャップ」と言われているLEDの効率が落ち込む箇所の効率が向上することが、米国エネルギー省(DOE)国立エネルギー研究科学コンピューティングセンタ […]

全文を読む

NCSU、LEDをより高輝度に、より強くする新技術を開発

April, 10, 2014, Raleigh--

ノースカロライナ州立大学(NCSU)の研究チームは、半導体材料GaNをリンから生成した酸の層でコーティングすることによってLEDをより高輝度に、耐久性を高くする新しい加工技術を開発した。  「極性窒化ガリウム(GaN)を […]

全文を読む

AmmonoとUnipress、GaN製造技術でブレイクスルー

April, 9, 2014, Warsaw--

Ammonoとポーランド科学アカデミー高圧物理学研究所の研究チームは、新しい独自のブレイクスルー技術を考案した。これにより、ハイブリッドAmmono-HVPE GaNシーズをベースにしてアモノサーマルGaNの生産が安価で […]

全文を読む

ワシントン大学、セレン化タングステンからLEDを作製

April, 3, 2014, Washington--

ワシントン大学の研究チームは、エレクトロニクスで光エネルギー供給源として使える最薄型LEDを作製した。  このLEDは2Dの柔軟な半導体からできており、スタックすることが可能であり、非常に小さく多様なアプリケーションに使 […]

全文を読む

GaN系量子ドットで世界初の室温単一光子源を実現

February, 17, 2014, 東京--

東京大学ナノ量子情報エレクトロニクス研究機構の荒川泰彦教授、マーク・ホームズ特任研究員の研究グループは、位置制御されたGaN(窒化ガリウム)系ナノワイヤ量子ドットを用いて、室温(300K=27℃)における単一光子の発生に […]

全文を読む

フランスの研究チーム、世界初の単一分子LEDを開発

February, 14, 2014, Strasbourg--

ストラスブール物理・材料化学研究所(IPCMS, CNRS/Université de Strasbourg)の研究チームは、UPMCおよびCEAと協働で、初のシングル分子LEDを開発した。 デバイスは、走査トンネリング […]

全文を読む

バイオフォトニックと医療機器に使用されるLEDの市場予測

February, 10, 2014, Upper Lake--

エレクトロニキャスト(ElectroniCast Consultants)は、バイオフォトニックと医療機器に使用されるパッケージ化されたLEDの世界消費額調査結果を発表した。 2013年、バイオフォトニックと医療機器に使 […]

全文を読む

2 / 212

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。