All about Photonics

ニュース

前臨床光イメージング市場規模、2027年に5億4300万ドル

April, 20, 2020, Ahrensburg--

Grand View Research, Inc.のレポートによると、世界の前臨床光イメージング市場規模は、2027年までに5億4300万ドルに達する見込である。様々な病気の多様な効果的治療の研究と開発を狙い前臨床研究数 […]

全文を読む

EPFL、視角疾患の早期検出向けデバイスを開発

April, 6, 2020, Lausanne--

EPFLの研究チームは、以前には見えなかった眼の後ろの細胞を徐々に拡大するデバイスを開発した。その技術は、特に加齢黄斑変成(AMD)の早期発見や新しい処置オプション評価で眼科医には極めて有用である。 加齢黄斑変成(AMD […]

全文を読む

光縮小デバイスで超微小物質の検出が可能

April, 3, 2020, San Diego--

カリフォルニア大学サンディエゴ校とバークリー校のエンジニアは、光ベースの技術を開発した。これは、以前に可能だったよりも二桁小さな分子量で生体物質を検出できる。この進歩は、除外点(EPs)として知られる特異点を利用しながら […]

全文を読む

健康と環境モニタリングにウエアラブルガスセンサ

April, 3, 2020, University Park--

ペンステート(Penn State)とノースイースタン大学(Northeastern University)の研究者によると、環境と人の健康モニタリング用の高感度、ウエアラブルガスセンサが、間もなく商品化される。 そのセ […]

全文を読む

CUNY、ナノスケール4Dプリンティング技術、治療開発を高速化

April, 2, 2020, New York--

ニューヨーク市立大学(CUNY)先端科学研究センタ(Advanced Science Research Center at The Graduate Center)とノースウエスタン大学(Northwestern Uni […]

全文を読む

3Dバイオプリンティング世界市場、急成長で2025年には35億ドル超

March, 25, 2020, Maharashtra--

Zion Market Researchは、「3Dバイオプリンティング市場、コンポーネント(バイオインクと3Dバイオプリンタ)、アプリケーション(軟骨&骨、血管、皮膚とその他)、エンドユーザ(生物薬剤学企業、学 […]

全文を読む

UT研究者、レーザを使って腫瘍バイオマーカーをトラップ、検出

March, 17, 2020, Amsterdam--

トゥエンテ大学(University of Twente)の研究者によると、様々な起源の細胞が、血液の細胞外小胞(EVs)の背後に置き去りにされている。ガン患者は、同じような腫瘍細胞を持つが、これらのガンから生まれた細胞 […]

全文を読む

新開発のイメージング技術SEERは高速、直感的で無限の用途の可能性

March, 12, 2020, Los Angels--

新開発の方法、SEERは、USCの研究者によると、現在の技術よりも67倍高速であり、鮮明度は遥かに優れている。  研究成果は、Nature Communicationsに発表された。  その技術は、文字通り、生物学の構成 […]

全文を読む

東京医科大学、難病 ALS、光操作で再現

March, 10, 2020, 東京--

意識や五感が保たれたまま、体を全く動かすことができなくなる難病、筋萎縮性側索硬化症(Amyotrophic lateral sclerosis、、ALS)は、根本的な治療法がない最も過酷な病の一つといわれている。ALSで […]

全文を読む

体内摂取可能な医療デバイスを光で分解

March, 10, 2020, Cambridge--

新しい感光性材料は、胃腸用デバイスの除去に必要な内視鏡手順の一部を除去することができる。 様々な医療用デバイスを胃腸管に挿入して、胃腸疾患を処置、診断、モニタすることができる。これらの多くは、その仕事が終わると、内視鏡手 […]

全文を読む

医療イメージング、人工知能がルールを変える

March, 6, 2020, Lyon--

Yole Développement(Yole)の技術&市場アナリスト、医療&産業イメージング、Marjorie Villienは、「AIは、われわれの診断や処置手順のすべてを変え、より個別化された効 […]

全文を読む

ハイブリッド顕微鏡、デジタル生検をクリニックに

March, 6, 2020, Urbana--

イリノイ大学アーバナキャンパスの研究者によると、どこにでもある標準的な光学顕微鏡に赤外能力を加えることで、ガン診断はデジタル時代になる。 赤外計測と高分解能光画像およびマシンラーニングアルゴリズムを組み合わせて、研究チー […]

全文を読む

UCF、脳細胞を模擬するデバイスを開発

March, 5, 2020, Orland--

セントラルフロリダ大学(UCF)の研究チームは、人の心と機械の心を分離するギャップを埋める取組をしている。 Science Advancesのカバー記事では、UCFの研究チームは、2つの有望なナノマテリアルを新しいスーパ […]

全文を読む

血糖値モニタには非侵襲的分光学、針は過去のもの

March, 2, 2020, Cambridge--

糖尿病患者は、1日に何回も血糖値をテストして、血糖値が高すぎず、低すぎないことを確かめなければならない。調査によると、患者の半分以上は、十分にテストしていない。針で刺すことの痛さと不便さのためである。 可能な代替の一つが […]

全文を読む

クモからヒントを得たコンパクトな深部センサ

February, 28, 2020, Cambridge--

クモ類動物は、脳は小さいが、すばらしい奥行き知覚を持っており、身体の長さの何倍も離れたところから無防備な標的に正確に飛びかかることができる。 クモからヒントを得てハーバードSEASの研究チームは、コンパクトで効率的な深度 […]

全文を読む

微小ワイヤレスデバイスが脳の内部構造を明らかにする

February, 27, 2020, Boston--

アリゾナ大学の研究チームは、シングルニューロンレベルで脳を観察することで痛み、抑鬱、中毒や一定の病気のメカニズムを明らかにするデバイスを開発した。 哺乳類の脳は、身体の中で最も複雑な臓器であり、数千の刺激を同時に処理して […]

全文を読む

食品媒介の病気を容易に検出できるポータブルデバイス

February, 25, 2020, West Lafyette--

米国では、食中毒は毎年6人に1人の割合で起こる。疾病対策予防センタ(Centers for Disease Control and Prevention)の推定では、4800万人のアメリカ人が、31の既知の病原菌1つ以上 […]

全文を読む

新旧の顕微鏡を統合して細胞内部でもベストの3D画像を生成

February, 21, 2020, Berkeley--

Howard Hughes Medical Institute (HHMI) とUC Berkeleyの研究チームは、電子顕微鏡と最新の超分解能顕微鏡を統合することで、複雑な細胞内部を、すべて3Dで非常に詳細に見ることが […]

全文を読む

フローサイトメトリ市場、2025年に64億ドル

February, 21, 2020, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「フローサイトメトリ市場、技術(細胞ベース、ビードベース)、製品(アナライザ、ソーター、試薬、消耗品、ソフトウエア)、エンドユーザ(学界、研 […]

全文を読む

顔、口、頭蓋組織再建のバイオプリンティングに280万ドルの助成金

February, 19, 2020, University Park--

顔、口および頭蓋の欠陥をシームレスに補正することは至難の業である。骨、筋肉、脂肪や皮膚を含む様々な組織の精密スタッキングが必要になるからである。現在、ペンシルバニア州立大学の研究者は、頭蓋顎再建のための適切な組織を3Dバ […]

全文を読む

生きた組織を内包できる物体を3Dプリント

February, 14, 2020, Cambridge--

生きたバクテリアの挙動を制御する3Dプリンティングシステムは、いずれ、治療薬を組み込んだ医療デバイスを可能にする。 予測できる方法で生きた有機体を制御できる三次元(3D)物体をプリントする方法をMITなどの学際的研究チー […]

全文を読む

新しい数学モデルで脳腫瘍の放射線治療を改善

February, 13, 2020, Waterloo--

放射線治療を最適化し、治療中に死滅させられる腫瘍細胞の数を増やす新しいモデルが開発された。 その新しい数学モデルは、ウオータールー大学(University of Waterloo)の学生が主導する最近の研究で説明された […]

全文を読む

ハーバードWYSS研究所、3Dプリント臓器に近道

February, 13, 2020, Cambridge--

犠牲インク書き込み技術により、大きな、血管を持つ人臓器構成要素(OBBs)の3Dプリンティングが可能である。  米国では臓器移植待ちで毎日20人が死亡する。他方で年間30000以上の移植が行われているが、臓器ウエイティン […]

全文を読む

シェフィールド大、抗菌部品を3Dプリント

February, 10, 2020, Sheffield--

シェフィールド大学(University of Sheffield)の研究チームは、一般細菌に耐性がある3Dプリント部品を初めて製造した。これは、病院や介護施設などでMRSAなどの感染の広がりを止めることができ、被害を受 […]

全文を読む

3Dプリントセルでがん細胞を捉える

February, 10, 2020, Atlanta--

患者サンプルの数十億の血液細胞から一握りのがん細胞を見つけることは無駄骨となり得る。3Dプリントされた細胞トラップで可能になった新しいアプローチで、研究者は干し草を除去してがん細胞を露出させる。 がん細胞程度のサイズの白 […]

全文を読む

神経作用の光モニタリングに新しいナノプローブ

February, 7, 2020, Santa Cruz--

神経回路研究への新たなアプローチは、微小電極や、遺伝子組換えを必要とする蛍光ベースの光技術の両方にメリットがある。   UC サンタクルズ(Santa Cruz)の研究チームは、ニューロンや他の興奮細胞の生体活動をモニタ […]

全文を読む

薄型 CMOS センサによる脳内 pH のリアルタイム観察に成功

February, 7, 2020, 豊橋--

脳虚血やてんかんなどの脳病態では、異常なpH(水素イオン濃度)が観察されており、生体の脳内pHを超高解像度で計測することによって、新たな病気の仕組み解明や治療法に結びつく可能性がある。  自然科学研究機構 生理学研究所の […]

全文を読む

新たな近赤外光線免疫療法の応用、小細胞肺癌を光で破壊

February, 5, 2020, 名古屋--

名古屋大学などの研究グループは前臨床研究として、DLL3を分子標的とする小細胞肺癌に対する近赤外光線免疫療法の開発に成功した。  小細胞肺癌は悪性度の高い腫瘍で、治療の選択肢は限られている。小細胞肺癌に対する新たな治療標 […]

全文を読む

敗血症診断促進にポータブルデバイスが役立つ

February, 3, 2020, Lausanne--

スイス連邦工科大学(EPFL)の研究チームは、高感度ポータブル光バイオセンサを開発した。これは、敗血症のような致死的状態の診断を促進する。それは、救急車や病院がトリアージプロセス改善、救命に利用することができる。 敗血症 […]

全文を読む

ディープラーニング内視鏡診断支援ソフトウェアが医療機器の承認取得

January, 31, 2020, 東京--

昭和大学の工藤進英特任教授らのグループが開発を進めてきた人工知能(AI)内視鏡画像診断支援ソフトウェア(EndoBRAIN(R)-EYE)が、臨床性能試験を経て、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関す […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。