All about Photonics

Science/Research

折り紙を束縛のないロボットと変形デバイスに応用

April, 15, 2021, Atalanta--

Ohio State University およびGeorgia Institute of Technologyの研究チームは、束縛のないロボットや変形するデバイスなど、最新の工学アプリケーションにオリガミの可能性を拡張 […]

全文を読む

ハイブリッドチップでバッテリ駆動スマートデバイスのAIを操作

April, 13, 2021, Stanford--

スマートウォッチや他のバッテリ駆動エレクトロニクスは、AIアルゴリズムを走らせると、一層スマートになる。しかし、モバイルデバイスのAI対応チップは、これまで、「メモリーウォール」という壁にぶつかっている。つまり、AIで改 […]

全文を読む

グラスゴー大学、ホログラフィでイメージングを変革

April, 9, 2021, Glasgow--

エンタングルフォトンを使って従来のホログラフィックアプローチの限界を克服する新しいタイプの量子ホログラフィは、医療イメージングの改善、量子情報科学の進歩促進につながる。 グラスゴー大学(University of Gla […]

全文を読む

生きたマウスで初の3D超分解能画像取得

April, 6, 2021, New Haven--

イェール大学医学大学院(Yale School of Medicine)の研究チームは、新しい顕微鏡技術を開発した。これは、脳を含む、生体組織深部約100µmから細胞下構造の3D超解像画像を取得できる。研究者が脳深部を見 […]

全文を読む

エンタングルフォトンを使った非破壊中赤外イメージング

April, 1, 2021, Washington/Berlin--

フンボルト大学ベルリンの研究者は、高散乱材料でOCTの浸透深度を改善するためにエンタングルフォトンが利用できることを示した。その方法は、中赤外OCTの動作法を示しており、セラミックや塗料サンプルなどの材料の非破壊テスト、 […]

全文を読む

近赤外線ハイパースペクトルイメージングでマウス肝臓中の脂質濃度可視化

April, 1, 2021, 東京--

東京理科大学基礎工学部材料工学科の大久保喬平助教、曽我公平教授、大阪市立大学大学院医学研究科分子生体医学講座病態生理学の大谷直子教授らの研究グループは、機械学習を組み入れた近赤外線ハイパースペクトルイメージングを活用し、 […]

全文を読む

‘e-nose’とコンピュータビジョンでチキンの完全調理判定

March, 31, 2021, Moscow--

Skoltechの研究チームは、化学センサとコンピュータビジョンを使用し、グリルしたチキンが何時、最適に調理されるかを判断する方法を開発した。このツールは、レストランがキッチンでモニタし、調理プロセスを自動化する際に役立 […]

全文を読む

ホログラフィック・コンタクトレンズディスプレイの開発

March, 29, 2021, 東京--

東京農工大学大学院工学研究院先端電気電子部門の高木康博教授の研究グループは、「ホログラフィック・コンタクトレンズディスプレイ」の開発に成功した。  研究グループが研究を行ってきたコンピューター・ホログラフィ技術を応用する […]

全文を読む

Massachusetts General Hospital
心臓発作の予測に役立つ新しいイメージング技術

March, 25, 2021, Washington--

マサチューセッツ総合病院、ウエルマン光療法センタの研究者は、新しい血管内イメージング技術を開発した。心臓発作につながりそうな冠動脈プラークの検出に、いずれ、これが使われることになる。心臓発作では、不安定なプラークが破裂し […]

全文を読む

UniSA、標準デジタルカメラとAIで土壌の水分をモニタ

March, 22, 2021, Cambridge--

UniSAの研究チームは、標準デジタルカメラとマシンラーニング技術を使って、土壌の水分をモニタするコスト効果の優れた新技術を開発した。 国連の予測では、現在の利用パターンを続けると、2050年までに地球上の多くの領域が農 […]

全文を読む

NIHリードチーム、網膜イメージングの新たな基準

March, 19, 2021, Harvard--

国立眼病研究所(NEI)は、眼の背後、光受容体として知られる感光性細胞を以前よりも詳細に、侵襲的に視覚化した。Opticaでは、研究チームは、眼のイメージングで使用する光を選択的に1/3に阻止することでイメージング分解能 […]

全文を読む

産業用自律システム、群知能を利用

March, 17, 2021, Dortmund--

フラウンホーファー(Fraunhofer Institute for Material Flow and Logistics) IMLは、新世代無人搬送車を開発している。LoadRunnersは、人工知能(AI)を使い、 […]

全文を読む

CEALeti、集積フェーズドアレイベースLiDAR利用普及

March, 17, 2021, Grenoble--

広範な商用アプリケーションに向けたLiDARシステム開発に重要な一歩を踏み出すためにCEALetiは、高チャネルカウント光フェーズドアレイ(OPAs)の検査、ウエファスケールOPA特性評価のために遺伝的アルゴリズムを開発 […]

全文を読む

近赤外光を利用したハイパースペクトル画像から粘膜下腫瘍(GIST)を識別

March, 5, 2021, 東京--

東京理科大学、国立がんセンターなどの研究グループは、近赤外光を利用したハイパースペクトル画像から消化管間質腫瘍(GIST)を識別する方法を開発した。  この研究を発展させることで、粘膜下腫瘍の鑑別診断、腫瘍の正確な範囲判 […]

全文を読む

UCバークリー、ディープラーニングでロボットの動作を高速化

March, 1, 2021, Berkeley--

カリフォルニア大学バークリー校の研究者は、新しい人工知能ソフトウエアを開発した。これによりロボットは、ものをつかみ滑らかに動かすスピードとスキルを獲得し、ウエアハウス環境ですぐに人間の手助けができるようになる。研究成果は […]

全文を読む

舗装用ブロック製造検査にマシンビジョンを利用

February, 26, 2021, Brno Czech Republic--

PEKAT VISIONは、先頃、舗装用ブロックの製造における欠陥の検出について実行可能性調査を実施した。 舗装用ブロックの欠陥検査は、難しい。区別が困難なことがよくあるためである。特にカラフルなデザインの場合、カラーカ […]

全文を読む

ORC、マシンビジョンを改善するチップLiDARを開発

February, 24, 2021, Southampton / San Francisco--

サウサンプトン大学とPointcloud Incの研究者は、現在使用されているほとんどの先進的、機械システムに適合し、それを凌駕する初のコンパクト3D LiDARイメージングシステムを開発した。 3D LiDARは、多く […]

全文を読む

KDDI総合研究所、ARメガネを活用ハンズフリー介護作業支援システム開発

February, 18, 2021, ふじみ野--

KDDI総合研究所と社会福祉法人善光会(善光会)は、きめ細かな介護対応の実現を目的に、ARメガネを通して入居者の介護関連情報を表示し、音声で読み上げを行うハンズフリー介護作業支援システムを開発した。また、このシステムを使 […]

全文を読む

EUプロジェクト、飛行ロボットを開発

February, 4, 2021, Copenhagen--

新しい大型EUプロジェクトで、若手研究者を訓練して、小型飛行ロボット向けのドローンを開発する。これは、ウインドタービン、橋梁および他の重要インフラストラクチャの保守向けである。 次の3年で、総勢15名のPh.D学生が、新 […]

全文を読む

全可視光領域で発色する虹色発光標識のポートフォリオを開発

January, 29, 2021, つくば--

産業技術総合研究所(産総研)環境創生研究部門金誠培主任研究員と、電気通信大学(電通大)基盤理工学専攻 牧 昌次郎准教授、北田昇雄特任研究員は、医療・環境診断や生体イメージングに適用するため、全可視光領域で発光する「虹色発 […]

全文を読む

光ベースプロセッサ、マシンラーニング処理を増強

January, 28, 2021, Lausanne--

国際研究チームは、シリコンチップで光を使って、従来の電子チップよりも遙かに高速に情報処理を行うフォトニックプロセッサを開発した。  研究成果は、Natureに発表された。 国際研究チームは、光に注目し、新しいアプローチと […]

全文を読む

imec、サブ2µm ピクセルピッチ薄膜短波赤外イメージセンサ

January, 27, 2021, Leuven--

Imecは、記録的な1.82 µmピクセルピッチ、高分解能短波赤外(SWIR)画像センサを発表した。それは、カスタムSi-CMOS読み出し回路にモノリシック集積された薄膜フォトディテクタをベースにしている。ファブ適合プロ […]

全文を読む

任意の振動方向のマイクロ波をイメージングする技術を開発

January, 25, 2021, つくば--

産業技術総合研究所(産総研)物理計測標準研究部門高周波標準研究グループ 木下基主任研究員は、原子の持つ微弱な磁性を利用することで、異なる偏波のマイクロ波をそれぞれ分離して可視化するマイクロ波偏波分離イメージング技術を開発 […]

全文を読む

LED室内照明とスマートフォンで3D画像を撮る

January, 22, 2021, Glasgow--

ストラスクライド大学(University of Strathclyde)の研究者によると、LEDs照明システムは、よりスマートな機能を全ての照明に付与できる。家庭でスマートフォンを使ってLED照明を調光するが、3Dイメ […]

全文を読む

ライス大学、3Dカメラハイパースペクトルストライププロジェクタ開発

January, 18, 2021, Houston--

ライス大学の研究者によると、コンパクトなHyperspectral Stripe Projector (HSP)は、自動運転車、マシンビジョン、作物モニタリング、表面の磨耗や腐食検出および他のアプリケーションで必要とされ […]

全文を読む

TUM、自己学習アルゴリズムで医療イメージングデータを分析

January, 8, 2021, Munchen--

イメージング技術で生物の内部を詳細に見ることができる。しかし、そのデータの解釈は時間がかかり、豊富な経験を必要とする。人工ニューラルネットワークは、新しい可能性を開く。わすが数秒でマウスの全身のスキャンを解釈し、臓器を分 […]

全文を読む

Caltech、超高速カメラ、1000億 fpsで3Dムービーを撮影

December, 28, 2020, Pasadena--

CaltechのLihong Wangは、世界最高速カメラを実現するために、70兆フレーム/秒の超高速に達する技術を開発した。これは、伝搬する光を見ることができる速さである。携帯電話のカメラのように、それはフラットな画像 […]

全文を読む

スタンフォード研究者、光と音を組み合わせて水面下を探査

December, 23, 2020, Stanford--

「光音響空中ソナーシステム」(PASS)をドローンに実装して、空中からの水中測量、深海の高分解能マッピングが可能になる。 スタンフォード大学の研究チームは、光と音とを統合して一見透過できないと思われる空気と水の界面を破り […]

全文を読む

NUST MISIS、世界最高感度フォトンビデオディテクタを開発

December, 2, 2020, Moscow--

NUST MISIS国立技術戦略センタ「量子通信」の研究者は、世界初の赤外フォトンビデオディテクタを開発している。これは、単一粒子の動きを追跡できるほどに強力なカメラになる。そのカメラは、1000-ピクセルマトリクスを備 […]

全文を読む

EPFL、100倍高速にデータ転送する新しいファイバオプティックセンサ

November, 24, 2020, Lausanne--

ファイバオプティックセンサは、トネルの火災の検出、パイプライン漏洩の正確な場所の指摘、地滑りの予測など重要なアプリケーションで使用されているが、これがもっと高速、高精度になろうとしている。 EPFLのエンジニアは、ファイ […]

全文を読む

1 / 512345

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。