All about Photonics

Science/Research

産総研、深層学習による赤外線画像のカラー化技術を開発

February, 7, 2020, つくば--

つくば―産業技術総合研究所(産総研)分析計測標準研究部門ナノ分光計測研究グループ 永宗靖主任研究員は、多層の人工ニューラルネットワークを用いた深層学習による赤外線画像の可視光カラー化技術を開発した。これにより、これまでモ […]

全文を読む

ナノスケール構造体を手で操作できるネットワーク型VR環境を開発

January, 28, 2020, 東京--

NEDOは、「次世代人工知能・ロボット中核技術開発」に取り組んでおり、NEDOと東京工業大学は、DNAオリガミで構成されるナノスケール構造体を仮想現実(VR)上の仮想分子として表現し、手で操作できるネットワーク型VR環境 […]

全文を読む

ディープラーニングで角に隠れた物体をリアルタイムイメージング

January, 28, 2020, Washington--

スタンフォード大学とライス大学、他の研究グループは、ディープラーニングとして知られるタイプの人工知能(AI)の力を利用して、リアルタイムで曲がり角をイメージングできる新しいレーザベースのシステムを実現した。さらに開発が進 […]

全文を読む

光をトラップするナノキューブで安価なマルチスペクトルカメラ

January, 8, 2020, Houston--

デューク大学の研究チームは、特注電磁材料によって作られたオンチップスペクトルフィルタを使うことで、前例のない範囲の光周波数をカバーするフォトディテクタを実証した。一つのチップで、マルチフォトディテクタと多様な周波数応答の […]

全文を読む

長距離から複雑なシーンをリアルタイム3D再構成

December, 24, 2019, Santa Cruz--

ヘリオットワット大学(Heriot-Watt University)の研究者はトゥルーズ大学(University of Toulouse)の研究者と協力して、統計モデルとコンピュータグラフィクス界からの拡張性の高い計算 […]

全文を読む

計算化学を使って安価な赤外プラスチックレンズを作製

November, 13, 2019, Tucson--

アリゾナ大学の研究チームが開発した新しい材料によりコンシューマは、自律走行車や家庭内でセキュリティや防火のためのイメージングなどの製品でコンシューマグレードの赤外ディテクタを利用できるようになる。 新しいポリマは、201 […]

全文を読む

UCF研究者、赤外暗視ディテクタを開発

October, 30, 2019, Orland--

セントラルフロリダ大学(UCF)の研究チームは、暗視カメラの感度を改善する研究に取り組んでいる。  暗視機能を強化するとは、宇宙、化学的、生物学的な危険領域、戦場で見えるものが改善されると言う意味である。  研究成果は、 […]

全文を読む

Imec、記録的ピクセル密度のモノリシック薄膜画像センサ

October, 25, 2019, Leuven--

Imecは、近赤外(NIR)と短波赤外(SWIR)の光を捉える薄膜モノリシックイメージセンサを発表した。モノリシックアプローチベースのそのプロセスは、今日の伝統的IRイメージャと比較してけた違いの製造スループットとコスト […]

全文を読む

自然を使い画期的な光学材料を生成

October, 9, 2019, Houston--

ナノコンポジットが強い光からの保護、高速光ネットワーキング容量拡大に有望である。  国際研究チームは、ドローン、偵察カメラおよび他の装置をレーザ攻撃から守る新しい方法を報告した。レーザ攻撃は、装置の動作を停止させたり、破 […]

全文を読む

ハンドヘルドマイクロ波イメージングを可能にする新しいチップ

October, 9, 2019, Washington--

ペンシルバニア大学研究チームは、新しいマイクロ波イメージャチップを開発した。これは、いずれローコストハンドヘルドマイクロ波イメージャ、カメラを可能にするものである。マイクロ波は、一定の不透明物体を透過するので、その新しい […]

全文を読む

北海道大学、海洋観測カメラによる有色溶存有機物の観測に成功

October, 7, 2019, 札幌--

北海道大学北極域研究センターの齊藤誠一研究員(研究推進支援教授)らの研究グループは、北海道大学及び東北大学が中心となって研究開発された国際理学観測衛星ライズサット(RISESAT:Rapid International […]

全文を読む

橋梁検査を改善する強力な新ロボット工学

October, 3, 2019, Waterloo--

ウォータールー大学の研究チームが開発した強力なロボット技術は、重要な橋梁の検査を自動プロセスによって安価に、より高信頼にする。  新システムは、自律ロボット、カメラとLiDARを組み合わせて、欠陥検出と分析のために組織的 […]

全文を読む

新しい振動センサ、動く自動車から埋設物を検出

October, 3, 2019, Washington--

地雷の検出は、困難な、時間がかかるプロセスである。動く車輌からそれらを検出することは、プロセスをもっと迅速にすることになるが、精度が犠牲になる。  ミシシッピー大学の研究チームは、レーザコングレス(Laser Congr […]

全文を読む

レーザベースシステム、過酷環境でも火事を検出

October, 3, 2019, Washington--

Danish Fundamental Metrology A/Sの研究者は、効率的、ローコストな方法で、産業施設、大きな建設現場など、厳しい環境で火事を検出する新しいレーザベースシステムを開発した。さらに開発が進むと、同 […]

全文を読む

居住可能太陽系外惑星探査に役立つシングルフォトンディテクタ

October, 1, 2019, San Jose--

NASAは、シングルフォトンを検知、カウンティングできるディテクタを開発するためにロチェスター工科大学(RIT)とダートマス大学の研究チームに助成金を与えると発表した。そのようなディテクタは、将来のNASA天文物理学ミッ […]

全文を読む

低雑音で赤外画像を見るナノアンテナ

September, 27, 2019, Albuquerque--

サンディア国立研究所は、カメラやセンサに役立つ微小な金のアンテナを開発した。これは、星や銀河から人々、建物、セキュリティを必要とするものまで、あらゆるものの熱赤外放射の発熱画像をより鮮明に「見る」ことができる。  研究所 […]

全文を読む

Vegebotマシンラーニング、レタスの収穫を自動化

September, 18, 2019, Cambridge--

平凡ではあるが、簡単ではない農作物を特定し、収穫するためにマシンラーニングを使う野菜の摘み取りロボットが、開発された。 ケンブリッジ大学のチームが開発した‘Vegebot’は、まずラボ設定でアイスバーグレタスを認識し収穫 […]

全文を読む

ケンブリッジ大とRover、自動車用没入型3D HUDを開発

September, 18, 2019, Cambridge--

ケンブリッジ大学の研究者は、Jaguar Land Roverと協働して、ドライバーにリアルタイムで安全情報を提供する次世代HUD技術を開発している。また乗客は、共有された、自律的未来の一環として、シートから直接3D映画 […]

全文を読む

スマートフォンカメラによる科学研究をキャリブレーション法で改善

September, 12, 2019, Bailrigg--

スマートフォンと他のコンシューマカメラが科学アプリケーションにますます使われるようになっているが、様々なデバイスからのデータを比較、統合することは難しい。新しい使いやすい標準方法により、ほとんどだれでも、特殊な装置なしで […]

全文を読む

マシンラーニングで行動への遺伝的影響をデコード

September, 11, 2019, Salt Lake--

ハツカネズミは餌を漁る間走り回るが、遺伝学がこの蛇行行動をコントロールする見えない手かも知れない。ユタ大学の研究チームは、マシンラーニングを使って、本能の段階的なステップを方向付ける遺伝的制御と学習行動との間のリンクを引 […]

全文を読む

強い光が心臓の健康を保護する理由を発見

September, 4, 2019, Anschutz--

コロラド大学Anschutz Medical Campusの研究者は、強い光が、血管を増強し、心臓発作から保護する特異遺伝子を増幅することを確認した。  研究成果は、Cell Reportsに発表された。 研究チームは、 […]

全文を読む

3D対象物追跡を改善する人工複眼

September, 4, 2019, Tianjin--

天津大学の研究チームが開発した、生物模倣の複眼は、昆虫が複眼を使って対象物とその軌跡を高速に知覚する方法を研究者が理解する際に役立つ。複眼は、カメラに利用して、ロボット、自律走行車、無人航空機向けの3D位置計測システムも […]

全文を読む

製造現場でのロボットの自律的な作業を実現するAI技術を開発

September, 2, 2019, 大阪--

産業技術総合研究所(産総研)人工知能研究センターは、大阪大学(阪大)、中部大学(中部大)と共同で、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)「次世代人工知能・ロボット中核技術開発」プロジェクトにおいて、自動化が困難な […]

全文を読む

Sonyとヤマハ発動機、エンターテインメント用車両の共同開発

August, 30, 2019, 東京--

ヤマハ発動機株式会社は、ソニー株式会社(ソニー)と新たな低速の移動体験の提供を目的とするSociable Cart(ソーシャブルカート)「SC-1」を共同開発した。  SC-1は、ヤマハ発動機の自動運転技術とソニーのエン […]

全文を読む

世界最高レベルの波長分解能を持つ分光型赤外線センサを開発

August, 28, 2019, つくば--

NIMSは物質の熱ふく射を波長分解し、かつ、飛来する方向を絞って検出できる多波長型の赤外線センサを開発した。このセンサは50 nmの波長分解能と±1°の指向性を持ち、これにより、熱ふく射の波長分布やその温度変化が未知の物 […]

全文を読む

ORNL、次世代カメラ、ダイナミックビジョンセンサ

August, 19, 2019, Oak Ridge--

オークリッジ国立研究所(ORNL)は、ダイナミックビジョンセンサ(DVS)という次世代カメラによるライブ情報読み取りトレーニングを行っている。  これは、ロボット工学のアプリケーションであり、無人走行車センシングを改善で […]

全文を読む

見えない世界を暴くメタサーフェスカメラ

July, 11, 2019, Cambridge--

偏向は光の振動する方向であるが、人の眼には見えない(ある種のエビや昆虫などには見える)。しかし、それと相互作用する対象物について多くの情報を提供する。偏向光を見るカメラは、現在、材料歪の検出に使用されており、対象物検出の […]

全文を読む

AIで高精度に機器の異常を検知する診断技術を開発

July, 11, 2019, 東京--

三菱電機は、AI技術「Maisart」を用いて、製造設備などの機器のセンサデータから機器の動作の移り変わりを表す「状態遷移モデル」を自動生成し、動作ごとに適切な異常検知条件を自動設定することで、高精度に異常を検知する機器 […]

全文を読む

マシンラーニングベースシステム、道路標識を自動検出

July, 3, 2019, Melborne--

RMIT大学、地理空間研究チームが、Google Street View画像に侵入することで道路標識の位置を絶えず注意する新しいプログラムを開発した。  その完全自動システムは、自由に利用できる道路標識画像を判断するため […]

全文を読む

マシンラーニングとコンピュータビジョンで作物管理改善

June, 20, 2019, Norwich--

Earlham Institute (EI)は、マシンラーニングなど人工知能(AI)ベースの技術が、単なる素晴らしい前提から、それらが最も必要とされるところで実際のアプリケーションに移行し、農場で効率と正確さを高めると見 […]

全文を読む

1 / 212

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。