All about Photonics

Science/Research

3DフラッシュLiDAR向け600W短パルスハイブリッド集積DBR

August, 4, 2020, Hannover--

高ピークパワーとピコパルス幅、ナノ秒範囲を生成するダイオードレーザは、コンパクトなLiDARシステムにとって重要である。  これらは、局所環境スキャン、対象物の距離、例えばToF法計測に使われる。フラッシュLiDARシス […]

全文を読む

三菱電機、Scene-Aware Interaction技術を開発

August, 3, 2020, 東京--

三菱電機株式会社は、AI技術「Maisart(Mitsubishi Electric’s AI creates the State-of-the-ART in technology)」を用いて、世界で初めて、 […]

全文を読む

自動車がコーナーの危険を見ることができる新しいレーダ

July, 31, 2020, Princeton--

プリンストン大学の研究チームは、レーダを使って、自動車がコーナーに現れる車、迫り来る歩行者を見つける自動システムを開発した。  同システムは、今日の車輌に簡単に組み込むことができ、ドップラレーダを使って、ビルや駐車車両の […]

全文を読む

音響波で集積光周波数コムをモノリシックピエゾ制御

July, 28, 2020, Lausanne--

集積フォトニクスとMEMS技術を組み合わせ、EPFLとパデュー大学の研究チームは、集積光周波数コムのバルク音響波でモノリシック圧電制御を実証。その技術は、厳しい用途向けの集積超高速音響-光変調に道を開く。 圧電材料は、電 […]

全文を読む

自律航法/AR/神経科学を変革するコンパクトなビームステアリング研究

July, 21, 2020, New York--

コロンビア大学の研究チームは、近赤外と青色波長の両方で、初のオンチップ光フェーズドアレイ技術を報告した。幅広い研究分野にアプリケーションがある。 ビームステアリングシステムは、イメージング、ディスプレイ、光学トラッピング […]

全文を読む

超広視野の新しいマルチスペクトル湾曲複眼カメラ実現

July, 14, 2020, Shanghai--

マルチスペクトルイメージング技術は、相対的に高解像度であるので、リモートセンシングに広いアプリケーションがある。しかし既存技術は、低いシステムインテグレーション、高複雑度、小さな視野(FOV)などの欠点があり、航空機、サ […]

全文を読む

LiDAR技術で歴史的マヤ遺跡を発見

July, 13, 2020, Arizona--

LiDARを利用したアリゾナ大学の発見は、マヤ文明が考古学者が以前に考えていたよりも急速に発展したことを示している。しかも、後の時代よりも社会的不平等が少なかったことを示唆している。 地上からは、大地の下に何か異常なもの […]

全文を読む

京都大学、フォトニック結晶レーザを搭載したLiDARの開発

July, 2, 2020, 京都--

京都大学 工学研究科の野田進教授、吉田昌宏助教、メーナカ・デ・ゾイサ 講師、石崎賢司特定准教授、國師渡研究員らのグループは、北陽電機株式会社と共同で、フォトニック結晶レーザを搭載した光測距システム(LiDAR)の開発に世 […]

全文を読む

ロボット義肢向けにAIにコンピュータビジョン、不確かさを導入

June, 25, 2020, Raleigh--

NC Stateの研究者は、既存のハードウエアと統合できる新しいソフトウエアを開発した。これにより、義肢あるいは外骨格(エクソスケルトン)を使う人々は、さまざまな種類の地形を安全に、より自然に歩くことができるようになる。 […]

全文を読む

大阪大学、景観シミュレーション用の DR に新技術

June, 24, 2020, 大阪--

大阪大学大学院工学研究科の大学院生(当時)の城戸大輝、福田知弘准教授、矢吹信喜教授らの研究グループは、深層学習モデルで人や自動車などの移動物体を検出し、仮想的に除去することで、再整備後の景観を現地でリアルタイムに検討でき […]

全文を読む

マシンラーニングを使いUAVベース地雷検出を自動化

June, 3, 2020, Binghamton--

ニューヨーク州立大学Binghamton Universityの研究によると、先進的マシンラーニングを利用して、紛争後の諸国の遠隔地をドローンで危険な「バタフライ」地雷を検出することができる。 ビンガムトン大学(Bing […]

全文を読む

MLの助けを借りて斬新なローコスト触覚センサを開発

May, 26, 2020, Zurich--

人間は壊れやすいもの、滑りやすいものを難なく手でつかむ。われれの触覚が、ものをしっかりつかんでいるか、指から滑り落ちそうかどうかを感じさせてくれるので、それに応じてつかむ力を調整できる。壊れやすいものあるいは滑りやすいも […]

全文を読む

フィルタを使い、安価で小型の高品質LiDAR向けレーザを実現

May, 22, 2020, Philadelphia--

多くの新興技術は高品質レーザを当てにしている。レーザベースLiDARセンサは、3次元空間で極めて正確なスキャンを可能にする。また、そのようなレーザは、自律走行車から地理マッピング技術、緊急応答システムまでのアプリケーショ […]

全文を読む

EPFL、長距離コヒレントLiDARのスピードアップ

May, 22, 2020, Lausanne--

LiDARはレーザ光で距離を測るために利用される技術。Natureに発表された研究成果でEPFL研究チームは、フォトニック回路を使ってLiDARエンジンをスピードアップする新しい方法を示している。 LiDARは、距離の計 […]

全文を読む

コロンビアのエンジニア、盲点のない触覚ロボットの指をデモ

May, 21, 2020, New York--

コロンビア工科大学の研究チームは、触覚をもつ新しいロボットフィンガーを発表した。その指は、人の指に似た非常に高精度(

全文を読む

偏光で振り付けを変えて踊る分子ロボットを実現

May, 19, 2020, 札幌--

北海道大学大学院理学研究院の景山義之助教らの研究グループは,光照射下で継続的に分子構造を変換する「アゾベンゼン」という分子の結晶の運動が,受ける光の特性によって大きく変わることを明らかにした。 2016年のノーベル化学賞 […]

全文を読む

新技術により3Dカメラが使いやすくなる

May, 1, 2020, WEST LAFAYETTE--

パデュー大学機械工学教授、SongZhangのチームは、3Dカメラファイルを圧縮し、オートフォーカスと露光設定に役立つ技術を開発した。 同氏によると、ハイエンド3Dカメラ技術は大きな進歩を遂げた。「しかし、その技術を使う […]

全文を読む

新しいフラットレンズでフォーカスフリーカメラを実現

April, 28, 2020, Washington--

厚さが1インチの1/1000程度の単レンズを使い、研究チームは焦点調整が不要なカメラを作製した。その技術は、ほとんどのスマートフォンに搭載されているような、従来のカメラに対して大きな利点を提供する。従来型カメラは、高品質 […]

全文を読む

新フォトンカウンティングカメラ、記録的な速さと分解能で3D画像

April, 24, 2020, Lausanne--

EPFLの研究者は、シングルフォトンアバランシュダイオード(SPADs)を使う新世代イメージセンサをベースにした初のメガピクセルフォトンカウンティングカメラを開発した。その新しいカメラは、前例のないスピードでシングルフォ […]

全文を読む

MegaX、最小光粒子を捉える初のカメラ

April, 20, 2020, Lausanne--

EPFLは、キヤノンと協力して、記録破りのスピードと解像度の3D画像を撮ることができるカメラを開発した。 EPFL工学部、Advanced Quantum Architecture Laboratory所長、EPFL教授 […]

全文を読む

AI画像認識アルゴリズムを搭載した光学顕微鏡を開発

April, 10, 2020, 東京--

東京大学 生産技術研究所の増渕覚特任講師と町田友樹教授は、AI画像認識を使って、光学顕微鏡画像中のさまざまな破片から、目的の原子層を全自動で探索するシステムを開発した。  2005年に、2次元シート状の原子層が実現されて […]

全文を読む

EPFLスタートアップ、実世界と仮想世界を融合

April, 1, 2020, Lausanne--

EPFLのスタートアップ、CREALは、実世界の細部と深さを仮想世界に付与する新技術を開発した。その画像プロジェクションシステムは、既存技術のほとんどのユーザが経験する吐き気の回避に役立つ。同社は、2019年、730万ス […]

全文を読む

IoTs向けにエネルギー効率のよいデータ変換世界記録

March, 31, 2020, Twente--

多くの微小な、自律的に作動するセンサで構成されているIoTの成功は、エネルギー消費に大きく依存している。物理的な信号をでデジタルデータに変換するために必要なエネルギーは、まだ下げられる。焦点は、アナログからデジタルへの実 […]

全文を読む

イメージングノイズを飛躍的に低減する方法を開発

March, 16, 2020, Hoboken--

スティーブンス技術研究所(Stevens Institute of Technology)の研究チームは、光の量子特性を利用して現行技術よりも40000倍鮮明な画像を作る3Dイメージングシステムを開発した。これは、自動運 […]

全文を読む

量子材料でできたカムフラージュが赤外カメラから人を隠す

February, 28, 2020, West Lafyette--

赤外カメラは、放出される熱によって人や他の物体を検知する。パデュー大学、MIT、ウィスコンシン・メディソン大学、ハーバード大学、ブルックヘブン国立研究所などの研究者は、紛れもない熱特性を隠すことでターゲットを見えなくする […]

全文を読む

3Dスキャナが事件現場で科学捜査を手助け

February, 27, 2020, Jena--

犯人が残した靴跡やタイヤ痕を見つけると、科学捜査は、通常、石膏でそのような靴跡、タイヤ痕を採る。これは、時間のかかる手順であり、跡も壊される。フラウンホーファーIOFのポータブル3Dスキャナを使うと、そのような跡は、数秒 […]

全文を読む

KIT、プリンタブル光センサの材料成分を発見

February, 26, 2020, Heidelberg--

KITチームは、波長を区別でき、光でデータ伝送ができるプリンタブル有機フォトダイオードを開発している。  カメラ、光バリア、運動センサは、共通点が1つある。それらは、すでに多くのアプリケーションで見られる光センサで動作す […]

全文を読む

産総研、深層学習による赤外線画像のカラー化技術を開発

February, 7, 2020, つくば--

つくば―産業技術総合研究所(産総研)分析計測標準研究部門ナノ分光計測研究グループ 永宗靖主任研究員は、多層の人工ニューラルネットワークを用いた深層学習による赤外線画像の可視光カラー化技術を開発した。これにより、これまでモ […]

全文を読む

ナノスケール構造体を手で操作できるネットワーク型VR環境を開発

January, 28, 2020, 東京--

NEDOは、「次世代人工知能・ロボット中核技術開発」に取り組んでおり、NEDOと東京工業大学は、DNAオリガミで構成されるナノスケール構造体を仮想現実(VR)上の仮想分子として表現し、手で操作できるネットワーク型VR環境 […]

全文を読む

ディープラーニングで角に隠れた物体をリアルタイムイメージング

January, 28, 2020, Washington--

スタンフォード大学とライス大学、他の研究グループは、ディープラーニングとして知られるタイプの人工知能(AI)の力を利用して、リアルタイムで曲がり角をイメージングできる新しいレーザベースのシステムを実現した。さらに開発が進 […]

全文を読む

1 / 3123

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。