All about Photonics

Science/Research

LED室内照明とスマートフォンで3D画像を撮る

January, 22, 2021, Glasgow--

ストラスクライド大学(University of Strathclyde)の研究者によると、LEDs照明システムは、よりスマートな機能を全ての照明に付与できる。家庭でスマートフォンを使ってLED照明を調光するが、3Dイメ […]

全文を読む

TUM、自己学習アルゴリズムで医療イメージングデータを分析

January, 8, 2021, Munchen--

イメージング技術で生物の内部を詳細に見ることができる。しかし、そのデータの解釈は時間がかかり、豊富な経験を必要とする。人工ニューラルネットワークは、新しい可能性を開く。わすが数秒でマウスの全身のスキャンを解釈し、臓器を分 […]

全文を読む

Caltech、超高速カメラ、1000億 fpsで3Dムービーを撮影

December, 28, 2020, Pasadena--

CaltechのLihong Wangは、世界最高速カメラを実現するために、70兆フレーム/秒の超高速に達する技術を開発した。これは、伝搬する光を見ることができる速さである。携帯電話のカメラのように、それはフラットな画像 […]

全文を読む

スタンフォード研究者、光と音を組み合わせて水面下を探査

December, 23, 2020, Stanford--

「光音響空中ソナーシステム」(PASS)をドローンに実装して、空中からの水中測量、深海の高分解能マッピングが可能になる。 スタンフォード大学の研究チームは、光と音とを統合して一見透過できないと思われる空気と水の界面を破り […]

全文を読む

NUST MISIS、世界最高感度フォトンビデオディテクタを開発

December, 2, 2020, Moscow--

NUST MISIS国立技術戦略センタ「量子通信」の研究者は、世界初の赤外フォトンビデオディテクタを開発している。これは、単一粒子の動きを追跡できるほどに強力なカメラになる。そのカメラは、1000-ピクセルマトリクスを備 […]

全文を読む

EPFL、100倍高速にデータ転送する新しいファイバオプティックセンサ

November, 24, 2020, Lausanne--

ファイバオプティックセンサは、トネルの火災の検出、パイプライン漏洩の正確な場所の指摘、地滑りの予測など重要なアプリケーションで使用されているが、これがもっと高速、高精度になろうとしている。 EPFLのエンジニアは、ファイ […]

全文を読む

学習するインテリジェントカメラ

November, 17, 2020, Bristol--

ロボット工学と人工知能(AI)研究者は、現在のシステムが世界を感知し、処理する方法に問題があることを知っている。現在、システムは、まだ画像を記録するデジタルカメラのようなセンサと、ビデオゲーム用のグラフィックスを加速する […]

全文を読む

手首装着型小型カメラによるジェスチャー認識技術を開発

October, 28, 2020, 東京--

東京工業大学 情報理工学院 情報工学系の小池英樹教授の研究グループは、手首装着型小型カメラで撮影した手の甲のカラー画像を深層学習ネットワークで学習することで、手指のジェスチャーを認識する技術を開発した。 従来の手指認識は […]

全文を読む

NICT、ロボット活躍社会を支えるIoT無線利活用技術

October, 21, 2020, 東京--

情報通信研究機構(NICT)ソーシャルICTシステム研究室は、免許不要IoT無線通信規格Wi-SUNと近距離無線通信技術BLE等を組み合わせて活用することで、自律移動型ロボットやスマートフォンを携帯した人が、非接触で簡単 […]

全文を読む

DeepFly3D、ハエのようなロボットを設計するディープラーニング

October, 16, 2020, Lausanne--

EPFLの研究者は、ハエの動きを3Dでモデル化するためにマルチカメラビューを使いディープラーニングベースのモーションキャプチャソフトウエアを開発した。究極の目的は、ハエのようなロボットの設計にこの知識を使うことである。 […]

全文を読む

より優れたセンサを造るために人の手を模倣

September, 25, 2020, University Park--

国際研究チームは、人の動作の動的プロセスを模倣できる「電子スキン」センサを開発した。この研究成果は、Huanyu “Larry” Cheng教授によると、兵士など、非常に大きな損傷を受けた人々に役立ち、その動きを制御する […]

全文を読む

高速飛行を制御するハエの視覚の秘密が明らかに

September, 23, 2020, University Park--

ミバエが、びっくりするほどの高速反応(瞬きの約30倍)で飛行制御強化にどのように目の動きを利用するかを調べることで、ペンステートの研究チームは、ロボットでこの能力を模倣するためのフレームワークを詳細に説明している。 チー […]

全文を読む

超短パルスレーザとロボットでCFRPコンポーネントを高速製造

September, 4, 2020, Aachen--

炭素繊維強化プラスチック(CFRP)コンポーネントは、通常、留め具を使ってアセンブリされる。留め具は一般に、硬化され、穴あけされた時点で、CFRPコンポーネントに接着される。CarboLaseプロジェクト背後のコンソーシ […]

全文を読む

ブラインドスポットなしの触覚ロボットフィンガー

September, 3, 2020, New York--

コロンビア大学工学部の研究者は、触覚を持つ新しいタイプのロボットフィンガーを作製した。そのフィンガーは、広い、多重曲面に、人の指と全く同じように、非常に高精度、

全文を読む

ロボットに人のような物理環境の知覚を付与

August, 28, 2020, Northbrook--

MITの研究者は、ロボットが、もっとホームヘルパーのようになり、ハイレベルのコマンド、「キッチンへ行ってコーヒーカップを持ってきてくれ」などができるようになること を考えている。 そのようなハイLevelタスクを実行する […]

全文を読む

東京大学、CMOSカメラによる電気複屈折イメージング

August, 26, 2020, 東京--

東京大学大学院工学系研究科 物理工学専攻 博士課程3年生の上村洋平 大学院生、松岡悟志助教、荒井俊人講師、長谷川達生教授と産業技術総合研究所の共同研究グループは、高性能CMOSカメラを用いて、透明物質中で自発分極が揃った […]

全文を読む

リアルタイムイメージングが致死性粉塵爆発防止に役立つ

August, 25, 2020, West Lafayette--

粉塵爆発は、最も危険で高コストの作業現場事故のうちに入る。粉塵は、農業、粉体処理、製造現場で増大し、従業員に危険を及ぼし、爆発のリスクの恐れがある。 パデュー大学(Purdue University)の研究チームは、Op […]

全文を読む

新しいイメージングシステムで3D画像を生成

August, 17, 2020, Glasgow--

人工知能を利用して3D空間ビジョンを時間に変更する根本的に新しいイメージング法は、自動車、モバイルデバイス、健康モニタの360°認識の開発に役立てることができる。 写真やビデオは通常、デジタルセンサによるフォトンを捉える […]

全文を読む

三菱電機、「Scene-Aware Interaction技術」を開発

August, 13, 2020, 東京--

三菱電機株式会社は、同社AI技術「Maisart(Mitsubishi Electric’s AI creates the State-of-the-ART in technology)」を用いて、世界で初め […]

全文を読む

3DフラッシュLiDAR向け600W短パルスハイブリッド集積DBR

August, 4, 2020, Hannover--

高ピークパワーとピコパルス幅、ナノ秒範囲を生成するダイオードレーザは、コンパクトなLiDARシステムにとって重要である。  これらは、局所環境スキャン、対象物の距離、例えばToF法計測に使われる。フラッシュLiDARシス […]

全文を読む

三菱電機、Scene-Aware Interaction技術を開発

August, 3, 2020, 東京--

三菱電機株式会社は、AI技術「Maisart(Mitsubishi Electric’s AI creates the State-of-the-ART in technology)」を用いて、世界で初めて、 […]

全文を読む

自動車がコーナーの危険を見ることができる新しいレーダ

July, 31, 2020, Princeton--

プリンストン大学の研究チームは、レーダを使って、自動車がコーナーに現れる車、迫り来る歩行者を見つける自動システムを開発した。  同システムは、今日の車輌に簡単に組み込むことができ、ドップラレーダを使って、ビルや駐車車両の […]

全文を読む

音響波で集積光周波数コムをモノリシックピエゾ制御

July, 28, 2020, Lausanne--

集積フォトニクスとMEMS技術を組み合わせ、EPFLとパデュー大学の研究チームは、集積光周波数コムのバルク音響波でモノリシック圧電制御を実証。その技術は、厳しい用途向けの集積超高速音響-光変調に道を開く。 圧電材料は、電 […]

全文を読む

自律航法/AR/神経科学を変革するコンパクトなビームステアリング研究

July, 21, 2020, New York--

コロンビア大学の研究チームは、近赤外と青色波長の両方で、初のオンチップ光フェーズドアレイ技術を報告した。幅広い研究分野にアプリケーションがある。 ビームステアリングシステムは、イメージング、ディスプレイ、光学トラッピング […]

全文を読む

超広視野の新しいマルチスペクトル湾曲複眼カメラ実現

July, 14, 2020, Shanghai--

マルチスペクトルイメージング技術は、相対的に高解像度であるので、リモートセンシングに広いアプリケーションがある。しかし既存技術は、低いシステムインテグレーション、高複雑度、小さな視野(FOV)などの欠点があり、航空機、サ […]

全文を読む

LiDAR技術で歴史的マヤ遺跡を発見

July, 13, 2020, Arizona--

LiDARを利用したアリゾナ大学の発見は、マヤ文明が考古学者が以前に考えていたよりも急速に発展したことを示している。しかも、後の時代よりも社会的不平等が少なかったことを示唆している。 地上からは、大地の下に何か異常なもの […]

全文を読む

京都大学、フォトニック結晶レーザを搭載したLiDARの開発

July, 2, 2020, 京都--

京都大学 工学研究科の野田進教授、吉田昌宏助教、メーナカ・デ・ゾイサ 講師、石崎賢司特定准教授、國師渡研究員らのグループは、北陽電機株式会社と共同で、フォトニック結晶レーザを搭載した光測距システム(LiDAR)の開発に世 […]

全文を読む

ロボット義肢向けにAIにコンピュータビジョン、不確かさを導入

June, 25, 2020, Raleigh--

NC Stateの研究者は、既存のハードウエアと統合できる新しいソフトウエアを開発した。これにより、義肢あるいは外骨格(エクソスケルトン)を使う人々は、さまざまな種類の地形を安全に、より自然に歩くことができるようになる。 […]

全文を読む

大阪大学、景観シミュレーション用の DR に新技術

June, 24, 2020, 大阪--

大阪大学大学院工学研究科の大学院生(当時)の城戸大輝、福田知弘准教授、矢吹信喜教授らの研究グループは、深層学習モデルで人や自動車などの移動物体を検出し、仮想的に除去することで、再整備後の景観を現地でリアルタイムに検討でき […]

全文を読む

マシンラーニングを使いUAVベース地雷検出を自動化

June, 3, 2020, Binghamton--

ニューヨーク州立大学Binghamton Universityの研究によると、先進的マシンラーニングを利用して、紛争後の諸国の遠隔地をドローンで危険な「バタフライ」地雷を検出することができる。 ビンガムトン大学(Bing […]

全文を読む

1 / 41234

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。