All about Photonics

ホワイトペーパー(技術文書) 詳細

繰り返しレート 80MHz における個々のテラヘルツパルスの検出

過去数年で時間分解テラヘルツシステムは著しく成熟したが、測定速度が問題として残っている。制限要因は時間遅延である。データアクイジションが制限されるので、測定レートは数 10Hz からせいぜい数 kHz となる。ここでは、個々のテラヘルツパルスの強度を繰り返しレート 80MHz で測定する新技術を紹介する。われわれの装置構成としては、フェムト秒ファイバレーザ、テラヘルツエミッタとして光伝導スイッチ、レシーバとしてゼロバイアスショトキーディテクタ、および高速データアクイジションユニットを統合したものとなっている。検出信号は数 ns(ナノ秒)幅であり、これはレーザの逆繰り返しレートよりも遙かに短い。したがってこのシステムは真の「超高速」テラヘルツ伝送計測を可能とし、ウエッティング(濡れ)動力学をリアルタイムで調べることができる。

Format: PDFPDF

File Size: 396 KB

*
*
勤務先名*
部署名*
E-Mailアドレス*
住所
業種*
職種*

*は必須項目です。

【個人情報の取扱に関して】

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものとします。
個人情報は情報提供元である「情報提供社」に収集されます。