All about Photonics

ホワイトペーパー(技術文書) 詳細

3D イメージング

TOF 技術を導入するのに絶好のタイミングです。

3D イメージング技術は数十年以上前からある技術ですが、最初の商用利用は、今世紀の初めに主要な映画製作会社が最新の高解像度(HD)ビデオカメラを使用して3D で大ヒット映画を制作するようになったことがきっかけです。以来、この技術はコンシューマーマーケットだけでなくマシンビジョンにおいても急速に発展してきました。

さらに高度なレベルのプロセス監視や自動化が求められるインダストリー4.0 化の動きが、3D ビジョン技術導入の重要な推進力となっております。従来の2D ビジョンのアプローチでは、複雑な物体の認識や寸法測定に必要な精度を実現することはもはや不可能です。現在広がりつつある人間とロボットが共同で作業するような環境では、複雑な相互の位置関係を認識する必要があり、3D ビジョン技術導入が急がれています。

この記事では、インダストリアルマーケットにおける3D イメージング技術の種類と、Time-of-Flight(光飛行時間測定、ToF)が現在最も有望視されている理由、さらにToFに特化した最新のCMOS イメージセンサーの開発状況をご紹介します。

Format: PDFPDF

File Size: 1.6 MB

*
*
勤務先名*
部署名*
E-Mailアドレス*
住所
業種*
職種*
詳しい製品説明等、
連絡を希望*
 希望する 希望しない
何かご要望、ご質問が
あればお聞かせください

*は必須項目です。

【個人情報の取扱に関して】

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものとします。
個人情報は情報提供元である「情報提供社」に収集されます。