All about Photonics

新製品 詳細

高出力 長寿命 産業用半導体レーザ

June, 24, 2015-- 米コヒレント社は、産業用途向けに高出力・高輝度の波長780~830 nmと975 nmの半導体レーザコンポーネンツをリリースした。
 同社は、自社の半導体レーザ製造ラインを強化し、産業用OEM組込み用途で求められる優れたバッチ間の一貫性や品質を満たす高性能な半導体レーザを製品化した。波長780~830 nmで、コヒレント独自のAAATM(アルミニウムフリー)技術をコア径800 µmファイバーアレイパッケージ(FAP)の新 70Wモデルだけではなく、60Wと80Wの低フィルファクターバーまで採用している。 またすべてのモデルが20,000時間以上の長寿命を実現する。
 さらに、波長975 nmにて、新しく高効率60W, 100W, 150Wの低フィルファクターバーを供給し、これらも20,000時間以上の長寿命を実現する。 両波長において、低フィルファクターバーはファイバーカップリングやビームコンバイニングに理想的で、金属溶接、クラッディング(肉盛り)、焼入れなどのダイレクト材料加工をはじめ、固体レーザやファイバーレーザの励起といった応用で、高輝度ビームデリバリーを可能にする。

【アプリケーション】
直接加工
固体レーザ、ファイバーレーザの励起

コヒレント・ジャパン株式会社 産業用レーザセールスグループ
☎03-5635-8700