All about Photonics

新製品 詳細

仏国Amplitude Systems社 ハイパワー・フェムト秒ファイバレーザーシステム

April, 16, 2014--日本レーザーが日本における総代理店をつとめる仏国Amplitude Systems社(アンプリチュード・システムズ http://www.amplitude-systemes.com)
より、レーザー加工に適したハイパワーのファイバレーザー Satsuma HP2及びファイバアンプシステム Tangorが、2014年1月より発売されている。
 いずれもAmplitude Systems社特許のファイバ設計及びアンプ技術により、高い平均出力とパルスエネルギーを同時に実現。また扱いやすい小型ヘッドで、産業用途での高速レーザー加工に最適である。

●Amplitude Systems社について
 南フランスのボルドーに所在する、理科学・工業用途向けのLD励起超短パルスレーザーの専門メーカー。Amplitude Systems社は、姉妹メーカーであるAmplitude Technologies社との協力のもと、高い製造品質と積極的なR&Dを同時にすすめ、産業用ファイバレーザーからペタワットクラスのTi:Sapphireレーザーまで、多彩な超高速システムを供給している。同社のサンフランシスコ・オフィスは米国におけるフランスの起業家を支援するFrench Tech Hubに参加しており、2014年2月の仏国大統領訪問時の会合にも同席、ワールドワイドな先端企業としての地位を確立している。

●フェムト秒ファイバレーザー“Satsuma HP2”
 従来の超短パルスファイバレーザーをしのぐ、高い平均出力(最大20W)と高パルスエネルギー(最大40μJ)を同時に実現したファイバレーザーシステム。繰返し周波数は2MHz、パルス幅400fs。ハウジングは小型で安定性に優れ、また使いやすい空冷システムである。オプションでSHG, THGも出力可能。

応用例
・高速マイクロ加工
・ディスプレイプロセス
・半導体プロセス
・マーキング&型彫り
・ナノストラクチャリング

主な仕様
・パルス幅 < 400 fs ・パルスエネルギー 40 μJ ・平均出力 20 W ・繰返し周波数 0 to 2 MHz ・波長 1030 nm ・M2 1.2 ・ビーム品質 TEM00 ・寸法 50cm x 33cm x 12cm ●フェムト秒ファイバアンプ“Tangor”  30Wの高い平均出力パワーを特長とする、非常に小型のフェムト秒アンプである。占有面積はわずか6cm x 51cmのコンパクトヘッドに加え、完全コンピュータ制御可能で、最先端の超微細加工システムへの統合が容易である。パルス幅可変オプションや高調波出力オプション(SHG, THG)も対応可能。 応用例 ・微細深穴加工 ・並列加工 ・半導体プロセス ・深彫りマーキング&深彫刻加工 ・ナノストラクチャリング 主な仕様 ・パルス幅 < 500 fs ・パルスエネルギー > 300 μJ
・平均出力 > 30 W
・繰返し周波数 0 to 300 kHz
・占有面積 66cm x 51cm

(株)日本レーザー営業本部 http://www.japanlaser.co.jp/
TEL:03-5285-0863 FAX:03-5285-0860
E-Mail:lase@japanlaser.co.jp