All about Photonics

新製品 詳細

コストパフォーマンスと高出力の45W UVレーザ

Talon with background (1280x854)

February, 6, 2018--スペクトラ・フィジックス社はLD励起Qスイッチ固体レーザTalonシリーズに最高出力モデルの『Talon 355-45』を新しいラインアップとして発表した。このモデルは高繰返し、低ノイズを維持しながら、45W以上のUV出力により、従来は難しかった厚い材料の高速な微細加工を可能にする。プリント基板、電子部品、半導体、フラットパネルディスプレイ、リチウムイオン電池、そしてLEDのような電子機器、クリーン・エネルギー等の産業用途やその他要求の厳しいアプリケーションにも理想的である。ハイパフォーマンス、高信頼性、低コストのすべてを兼ね備えたTalonは24/7の産業用製造機器としてのUVレーザの業界標準といえる。新しいアプリケーションの開発と微細加工におけるさらなる高スループットそして加工プロセスと材料における大きな進歩を可能にする。
 Talon 355-45は150kHzにて45W以上のUV平均出力、シングルショットから500kHzの高繰返しの領域まで、パルス安定性と優れたビーム品質を提供する。従来のTalonシリーズと同様の光学的電気的パラメーター、ソフトウエアインタフェース互換性及び同じ出射位置、光軸を持ちシリーズ全11モデルから、システムインテグレーターはエンドユーザーのアプリケーションに最適のモデルを選ぶことができ、柔軟な装置設計と、設計工数の短縮化が可能になる。
Talonシリーズは、“it’s in the Box”デザインによる一体化されたレーザヘッドと電源により装置搭載が容易で、様々な用途や顧客要求に応じて簡単に異なるTalon モデルへの載せ替えが可能。Talon & Talon HEファミリーは幅広い環境動作試験に合格し、24/7の産業製造用途にて高い信頼性と低メンテナンスコストを提供する。

■特徴
・ハイパフォーマンス、高信頼性、低コストのすべてを兼ね備えたレーザ
・堅牢な産業用プラットフォーム
・卓越したビームパラメーター、パフォーマンス、安定性を実現
・循環式エアパージシステム(ALPS)にて共振器内をパージし長寿命を実現
・長寿命LDの採用でメンテナンスに伴うダウンタイムを最小化
・電源一体のコンパクトレーザヘッドで装置組込みが容易
・Talonシリーズ共通のフットプリントとインタフェース
■アプリケーション
・PCBディパネリング、切断、穴あけ・太陽電池加工・レジスタートリミング・シリコンスクライビング
・セラミックスクライビング・薄膜加工・ガラス切断・メタルカット

本製品に関するお問い合わせ
スペクトラ・フィジックス(株)
営業部 TEL:03-3794-5511/06-4390-6770
E-mail: spectra-physics@splasers.co.jp
URL: www.spectra‐physics.com