All about Photonics

新製品 詳細

最高出力のファイバーレーザ(2µm)の製造を可能にするツリウムファイバータイプの新シリーズ

February, 7, 2017--Coherent | Nufern(米国カリフォルニア州サンタクララ)は、2017年1月31日ツリウム添加ファイバー光学部品の新シリーズをリリースした。本シリーズは、波長2 µm付近において これまでよりも高い出力のファイバーレーザとオシレータの構成を可能にする。特に、ツリウム添加の最新技術は、励起効率を飛躍的に向上し、ゲインファイバーから1 kW以上の高出力発振を実現する。加えて、NuTDFレーザやファイバー増幅器はCoherent | NufernのNuMATCH技術を搭載しており、これにより、メカニカルおよび光学性能が最適化された、個体差の少ないゲイン/パッシブファイバー製品が可能となる。またシステムのスループットを最大化し、製品固有の高出力特性を活かすことに繋がっている。

さらに、個体差の少ない製造手法は、アセンブリーの際にスプライシングの再現性を容易にし、大量生産においても定常的に高いパフォーマンスを実現する。

NuTDFレーザやファイバー増幅器は、シングルモード(SM)や大モード領域(LMA)の設計、ならびにシングル及びダブルクラッドオプションを含む、様々な構成で利用できるため、より幅広い出力レンジやビームモードのレーザの製造が可能となる。すべてのオプションをパッシブファイバーに合わせることで、例えば、レーザ出力のリモート伝送などへの利用も可能である。

1900 nm~2175 nmレンジのツリウムファイバーレーザは、メディカルおよび外科用途、切断、溶接、さまざまな有機材料のシンタリング/マーキングおよびアイセーフ産業用金属切断/溶接を含む幅広い用途に適応する。またアイセーフ大気中二地点間伝送、フリースペース光通信、LIDAR/LADARなど防衛用途にも適している。

《連絡先》
コヒレント・ジャパン株式会社 営業部
TEL:03-5635-8700
E-mail: sales.tokyo@coherent.com