All about Photonics

新製品 詳細

高精密マシンビジョン用 レーザラインジェネレータの新モデル

高精密マシンビジョン

February, 19, 2016--コヒレント社は、マシンビジョン応用向けに、より微小な3次元計測を可能にするレーザラインジェネレータの新モデルStingRay µFocus(マイクロフォーカス)をリリースした。本新モデルは同じワークディスタンスで従来のStingRayスタンダードモデルよりも40%線幅が細く、20 µmサイズまで線幅を絞ることができる。そのため、高い解像度でより細部の計測が可能となった。この度、520 nm, 660 nm, 785 nm, 830 nmの波長モデル(最大出力: 200 mW)をラインアップした。

StingRay µFocusは従来モデルと同性能、同様の使い易さを維持している。特に±5%のラインビーム強度の均一性により、計測スピードと寸法精度が向上する。またビーム強度のばらつきを簡単に補正するダイナミック・ラインバランス機能を装備し、さらにダイオードの寿命を診断するモニターを内蔵することで、予期せぬ不具合によるダウンタイムを防いでいる。

マイクロエレクトロニクス製造をはじめ、ガラス検査、医科/歯科(移植組織製造)応用や自動車製造ラインでの高精密押し出し成形や位置決めなど幅広いマシンビジョン応用で高精度3次元計測を実現する。

コヒレント・ジャパン株式会社 小型レーザ & 計測機器営業グループ
営業統括マネージャー 只隈 和博
TEL 03-5635-8680
E-mail: com2.sales.tokyo@coherent.com