All about Photonics

Sponsored 詳細

QTF社がEOのグループ企業に!

QTF

August, 26, 2021--Quality Thin Films(QTF)社が、Edmund Optics® のグループ企業になりました!

Edmund Opticsは、Quality Thin Films(QTF)社を買収しました。同社は、UVから遠赤外線までに高レーザー損傷閾値を有するレーザー結晶コーティング付き光学部品を広範に提供する、業界のリーダー企業です。同社の買収により、水晶やガラスの製作から、研磨、計測、高レーザー耐性のダイヤモンドライクカーボンコーティング、検査、そして試験に至るまで、エドモンド・オプティクスのレーザーオプティクス製造能力のさらなる拡張が可能になりました。フロリダ州タンパ郊外に1,300m2の施設を備えたQTF社には約30人の従業員が勤務しており、その多くはレーザーオプティクスのエキスパートです。

詳しく見る

【対応力】
高レーザー誘起損傷閾値 (LIDT) コーティング

高レーザー誘起損傷閾値 (LIDT) コーティングの蒸着には、清浄やコーティングの再現性を始めとする高度なプロセス制御と製造パラメーターのモニタリングが必要になります。業界は継続的に高出力レーザーを推進しているため、レーザーオプティクスに対するLIDTはその重要性がますます高まっています。QTF社の卓越かつ実績のある高いLIDTコーティング対応力と、エドモンド・オプティクスの自社内LIDT検査を組み合わせることで、提供されるオプティクスが、要求の厳しいLIDT要件のアプリケーションを満たすことができるようになります。

• 248nmから12µmまでに対応する高LIDTコーティングオプション
• N-BK7やNd:YAGを含むすべての一般的なレーザーオプティクス基板に対応

レーザー結晶コーティングと研磨

レーザー結晶は、固体レーザー光源の利得媒質として機能します。これらは通常、誘導放出によってレーザー光を増幅するレアアースまたは遷移金属イオンでドープされます。非線形レーザー結晶は、レーザー光源の周波数変換に用いられます。QTF社は、さまざまな材料のレーザー結晶を研磨およびコーティングする対応力を備えています。その精密研磨により、コーティングの密着性を向上させ、損失を最小化してLIDTは増加させます。

• YAG、YALO、YLF、KTP、YVO4、PPLN、PPSLTを始めとする結晶材料
• 円形、長方形、ジグザグスラブを始めとするフォームファクタ
• 結晶研磨と高LIDTコーティング

ダイヤモンドライクカーボンコーティング

ダイヤモンドライクカーボン (DLC) コーティングは、硬度、耐ストレス、耐食性などの点で、天然ダイヤモンドと同様の特性を備えています。これらは赤外 (IR) 波長で高い透過率があり、反射防止コーティングが求められる過酷な環境のIRアプリケーションに最適です。そのため、防衛用アプリケーションや、コーティングが傷や汚染、およびストレスに晒される可能性のあるアプリケーションでしばしば用いられます。

• ゲルマニウムやシリコンなどのIR材料に蒸着
• 過酷な環境でのオプティクスの耐用期間の向上
• 天然ダイヤモンドの特性を再現するナノコンポジットカーボンコーティング

【製品ラインナップ】

TECHSPEC®
Nd:YAG レーザーミラー
TECHSPEC®
Yb:YAG レーザーミラー
TECHSPEC®
レーザーライン凹面ミラー
7414 8114 7572
TECHSPEC®
エキシマレーザーミラー
TECHSPEC® Nd:YAG
ハーモニックセパレーター
TECHSPEC®
広帯域誘電体膜
λ/10平面ミラー
7374 7447 7573
TECHSPEC®
広帯域誘電体膜直角
プリズムミラー
(斜面コートタイプ)
TECHSPEC®
λ/10 レーザーコート
ウインドウ
TECHSPEC®
レーザーグレード平凸レンズ
5956 7426 7535

*他にも多くの製品をラインナップ! 詳しくはこちらからご覧いただけます。

製品についてのお問い合わせはお気軽にこちらから!