コヒレント特設ページはこちら

Science/Research 詳細

ORCA、PSNCに初の量子コンピュータを提供

November, 29, 2023, London--ORCA Computingは、Poznań Supercomputing and Networking Center (PSNC)から、2つのPT-1量子フォトニクスシステムの提供先として選定された。
ポーランドのプログラムの下で資金提供を受けたこのシステムは、ポーランドのPoznańにあるPSNCの高性能コンピューティングデータセンタに設置され、生物学、化学、機械学習など、さまざまな科学および応用分野にわたる量子コンピューティングの取り組みを加速させる。

PSNCは、科学および情報通信技術におけるITインフラストラクチャで国際的に知られている。ORCA ComputingのPT-1量子システムを高性能インフラに統合し、重要な科学研究と産業イノベーションの推進を支援する。

PSNCテクニカルディレクタ、 Krzysztof Kurowskiは「ORCA Computingの2台のオンプレミス量子コンピュータの提供は、PSNCと分散型量子古典コンピューティングのビジョンにとって画期的な瞬間である。量子コンピューティング技術に直接アクセスすることで、量子コンピューティングの理解が加速し、新しい量子古典アプリケーションの開発が促進される」とコメントしている。

ORCA PTは、テレコムの光子波長を利用するプログラマブルBosonic Samplingをベースにしている。計算結果は、マシンラーニングや最適化のアプリケーションで使用できる非常に複雑な統計である。同システムは、従来のHPCソリューションと統合でき、Pythonベースのソフトウェア開発キット(SDK)が装備されている。SDK は、QPU と GPU を使用した量子/古典ハイブリッド アルゴリズムをサポートしている。

ORCAの技術は、シングルフォトン(光のシングルユニット)を情報キャリアとして使用するため、システムがネットワークとのインタフェースに自然に長けているだけでなく、モジュール式で柔軟でアップグレード可能なシステムも構築できる。また、ORCA独自の多重化技術を使用して単一光子のタイミング、周波数、ルーティングを操作することで、膨大なデータ密度を実現し、はるかに少ないコンポーネントでフルスケールの量子コンピューティングが可能になる。

PT-1システムはEUROHPC-PLプロジェクトで調達され、2023年11月と12月にPSNCデータセンタに導入される。2つのORCAシステムを、PSNC量子コンピューティングおよび量子通信環境における従来のHPCシステムやワークロードと統合する。EuroHPC-PLプロジェクトでは、ORCAシステムが従来のEuroHPC-PL環境と統合された高度な量子アクセラレータとして使用される。PSNCは、ORCAシステムを他の量子コンピューティング技術や環境と統合する。同センタでは、ORCAシステム環境のソフトウェアソリューションとユースケースに取り組んでいる。
(詳細は、https://orcacomputing.com)