All about Photonics

Science/Research 詳細

次世代暗号を安全に実現する技術を開発・実証

February, 3, 2022, 仙台--東北大学電気通信研究所は,日本電信電話株式会社と共同で,量子コンピュータでも解読が困難な次世代型暗号方式PQC(耐量子計算機暗号)をソフトウェアやハードウェアで安全に実現する技術を開発した.
 現在PQCの研究開発は世界的に活発化しており,国際標準方式の選定が進められている.今回開発した技術は,国際標準候補(9種類中8種類)をソフトウェアやハードウェアで実現した際に生じる物理的な攻撃への懸念を払拭するものであり,来るべきPQC製品の安全性向上と国際標準化活動に大きく貢献することが期待される.

この成果は,2021年 12月 6-10 日にオンラインで開催された国際暗号学会主催の国際会議「International Conference on the Theory and Application of Cryptology and Information Security(ASIACRYPT 2021)」にて発表された.
 また,国際暗号学会の国際学術雑誌「IACR Transactions on Cryptographic Hardware and Embedded Systems」の2022年版に電子版が先行掲載された.

(詳細は、http://www.tohoku.ac.jp)