All about Photonics

Science/Research 詳細

トリマティス、1Gbps×100m超高速海中光ワイヤレス通信に成功

February, 1, 2022, 東京--株式会社トリマティスは、海洋研究開発機構(JAMSTEC)研究プラットフォーム運用開発部門 技術開発部の石橋正二郎主任研究員らと共同で、海中探査機を適用した光ワイヤレス通信試験を深海域で実施し、通信距離100m超で1Gbpsの通信速度を有する高速海中光ワイヤレス通信に成功した。

 これまで海中におけるワイヤレス通信技術は音響通信が主流だったが、その通信速度は数kbps~数10 kbps程度と限られた情報伝送にしか利用できない。
 近年、音響に代わり海中でレーザ光を用いたワイヤレス通信技術が注目されており、国内外において積極的に研究開発が進められている。しかし現況の通信速度はMbpsクラスの実績(実用化)しかなく、地上通信ネットワークに相当する通信速度(Gbpsクラス)において100m以上の通信距離を海中で達成した実例はなかった。
 トリマティスとJAMSTECは、海中環境においても地上と同レベルのワイヤレス通信を提供することを目指し、長距離高速通信を実現する海中レーザ通信技術の基礎確立を目指して研究を始めた。海中における光ワイヤレス通信の品質に影響を与える要因を精査し、その原理や条件を考慮した通信手段や光学系について研究を進捗させることで、1Gbps光ワイヤレス通信試験機を開発した。

この成果では、JAMSTEC所有の無人探査機「かいこう」のランチャーに1Gbps海中光ワイヤレス通信試験機の送信器を、ビークルに受信器をそれぞれ搭載し、深海域においてランチャー⇒ビークル間の通信試験を実施した。その結果、通信距離100m超において通信速度1Gbpsの光ワイヤレス通信を達成した。
 この成果は、従来の海中音響通信の数千倍以上、他の海中光ワイヤレス通信と比較しても数十倍以上という、海中におけるワイヤレス通信でこれまでにない超高速化が実現されたことを示しており、この成果が海中ワイヤレス通信技術分野におけるパラダイムシフトとなることが期待される。
(詳細は、https://www.trimatiz.com)