All about Photonics

Science/Research 詳細

EPFL、メタバースに輪郭がはっきりした映像達成

November, 22, 2021, Lausanne--EPFLスピンオフ、Crealが開発した増強光場技術により、拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の画像がユーザの目にストレスが少ない、ますます本物そっくりに見える。

AR/VRは、いずれわれわれの日常生活の一部になる、雑貨を購入、ゲーミングに参加する、ビデオゲームで遊ぶ、手術の実施でも、生活の一部になる。技術愛好家の中には、われわれの日々の交流は、いずれメタバース(仮想世界と物理的世界の間をシームレスに動く代替世界)で起こるようになると考える者もいる。しかし、それが現実に起こるには、AR/VRシステムに多くの改善が必要である。接触や臭い機能の改善、仮想要素との相互作用の効率化、より本物らしい画像の表示など。Crealの創始者が新世代光場技術で対処することを決めたのは、この最後の課題である。同社のシステムにより、人の目は、どんな深度の仮想対象にもフォーカスできる。まさに現実世界の対象と同じようにである。同社は、そのシステムの最新バージョンをAugmented World Expoで紹介する。

2019年、Crealは、2021年にARヘッドセットに収まる微小化システムを公開すると発表。計画通り、これはExpoで紹介されるシステムである。

CrealのCEO、Tomas Slukaによると、われわれ皆がARグラスを着けるのは時間の問題である。また、同氏は、同社の技術は絶好のタイミングで出てきたと考えている。「ARグラスは、快適で直感的でなければならない。また、実際に定着するなら自然な画像を表示しなければならない。現在、市場に出ているグラスでこれら全ての基準を満たしているものは1つもない」と同氏は話している。ほとんどのグラスが、1つ1つの目に2D画像を表示して、3Dステレオ効果しか出せないからである。その結果、グラスを覗くと、適応できない。これは、われわれの目が様々な距離で焦点を合わせるプロセスである。「したがって、グラスを通してミル画像は不自然であり、嘔吐につながることさえある」(Tomas Sluka)。

非常にリアルな画像
Crealの改良されたライトフィールド(光場)技術により、光照射野は実世界に存在するのと同じように再現される。システムに含まれるのは、ホログラムのような画像を生成する微小なプロジェクタ。これには、われわれが自然に感知するあらゆる光学的奥行きとニュアンスが備わっている。

少数の他社が、ARまたはVRグラスに組込可能なライトフィールドシステムを開発しようとしてきたが、手頃な計算コストで高品質のライトフィールド画像を生成する技術の実現に成功したものは1つも存在しない。Crealは、EPFLのInnovation Parkにある同社プレミスで、テストとプロトタイピング用に、すでに数台の同システムを作製した。Crealは、いかにしてその技術を素早く開発することができたのか。「Magic Leapと IntelがキャンパスにあるR&Dセンタを閉鎖したとき、幸運にもわれわれは有能なエンジニアを数名雇用することができた」(Tomas Sluka)。同氏によると、Crealのシステムが、ARグラスの細いアームに組み込まれるまでにさらに2年かかる見込である。
(詳細は、https://actu.epfl.ch/)