All about Photonics

Science/Research 詳細

UK量子技術ハブ、精密タイミング向けに光ネットワークを計画

September, 30, 2021, Birmingham--UKバーミンガム大学(University of Birmingham) Quantum Technology Hub SensorsとTiming およびNational Physical Laboratory (NPL)の研究者主導、画期的な新規プロジェクトは、同大学キャンパスに敷設され、ロンドン南西TeddingtonのNPLヘッドオフィスまでを接続する光ファイバケーブルを利用する。このプロジェクトは、精密タイミング向けの光ファイバケーブルが、UKで大規模に拡張される初の例となり、将来の障害耐性がある、極めて正確な同期に道を開く。

ダークファイバとして知られるこのファイバネットワークは、基本的に独立した接続となり、一般には80kmごとに減衰する多数の信号を同時に強めるために独自に光増幅器を使用する。Hubの研究者は、性能がこの方法により影響を受けないことを証明するために、同じ位置に多数の増幅器を設置しないで、単一の増幅器を設置する。これは時間とコストの大幅な節約となるソリューションである。

このネットワークは、時間と周波数転送における性能と障害耐性の両方をテストする。それは、金融や防衛など、多くの分野に著しい影響を及ぼす。ファイバリンク技術は、物理的に切断された時にのみ妨害される。信号のスプーフィングやハッキングを衛星中継するのと比べると、非常に大きなリソースとなる。光ケーブルは、妨害の影響をほとんど受けない。データがファイバ自体の中に集中しているからである。正確さも、われわれの現在の全国時間ネットワークと比べて100倍正確に計測すると予測されている。

研究チームは、将来、GPSネットワークをサポートするためにファイバリンクネットワークを利用する可能性をテストする。これは、現在の通信ネットワークを支える技術の段階的変化である。さらに、UKの重要な国家的インフラストラクチャ、病院、交通や公共事業などを構成する多くのサービスの基盤となる。

JISCが実施するネットワークインストレーションは現在、進行中であり、2021年10月に完了する予定である。ネットワークは、まず3年間利用され、永久利用が可能になる。

「この技術は、すでにパリでテストされた。UK全体の時間と周波数分布ネットワークの確立では、Hubが第1段階となる」(Dr Jochen Kronjaeger, NPL)。
(詳細は、https://www.quantumsensors.org/)