All about Photonics

Science/Research 詳細

新しいVR技術によりMRIを新たなエクスペリアンスに

September, 8, 2021, London--キングス・カレッジ・ロンドンのバオメディカルエンジニアリング&イメージング科学学部の研究者は、新しいインタラクティブVRシステムを開発した。これは、MRIを始める時に患者が使うことができる。
 Scientific Reportsに発表された論文で研究チームは、この進歩がMRIスキャンが難しい、子ども、認知的困難な人々、閉所恐怖症や不安に悩まされる人々にMRIスキャンが容易になると期待している。

通常の環境では、MRIスキャンは、5歳以下の子どもでは最大50%の失敗になる。したがって病院は、鎮静剤、あるいは麻酔に頼って子どものスキャンを成功させることがよくある。

この手段は時間がかかり、高価であり、関連するリスクをともなう。神経科学的視点から, 脳機能のMRIベース研究は一般に、これら影響を受けやすい人々では、人工的に誘導された睡眠状態の中でしかできないので、正常な環境における脳がどのように機能するかを代表するものではない可能性がある。

バイオメディカルエンジニアリング&イメージング化学のDr Kun Qian、研究リーダーによると、MRIスキャンは、極めて異質な経験である。狭いトネルに入り、背景の大きな、時には奇妙なノイズが聞こえる。その間ずっと可能な限り静かにしていなければならない。

「われわれのVRへの関心は、人が利用していてVR環境に没入し、全く周囲を認識していないことを観察したからである。MRI環境に適合するシステムを作れるなら、これら問題のある人々のスキャンを成功させる強力な代替になると考えた」(Dr Kun Qian)。

患者が没入VR環境を利用できるようにするために研究チームは、MRIスキャナの内部で安全に使用できる特別なVRヘッドセットを開発した。

ヘッドセットは光が入り込まないように設計されている。ユーザが周囲環境を全く見えないようにし、ユーザの位置から何も気づかないようにするためである。

そのシステムが適切に設置されると、システムのプロジェクタは直ちに有効になり、イマーシブコンテンツが供給され、VRエクスペリアンスは、そこから継続し,検査が終わって患者が出るまで続く。

研究者によると、これおよび他の手段は、MRIスキャナ内にいるという感覚を除去するという点で非常に効果的である。MRI検査中のスキャナノイズ、テーブルの動きや振動など知覚される他の感覚との合致を通じて、視覚的な情景がVR環境で完全に置き換えられるからである。

これまでのところ、これは仮想的な世界で進行している建築工事を示す情景の要素を含むように実行されている。建築工事は、スキャナのノイズや振動の説明になっている。

このシステムの主要な新奇性の一つは、ユーザが視線で仮想世界と触れあうことができる点、つまりわれわれの日常生活でしているようにである。

現在、VRプレゼンテーションと直感的な相互作用をこのように統合する他のMR適合システムは存在しない。

ユーザは視線を使って仮想世界をナビゲートし、映画やゲームなどのコンテンツを選択し、ゲームをしたり、付き添い/介護人とビデオリンクを始めたり、終えたりできる。

研究者によると、システムの次のステップはコンテンツの開発、それを患者でテストすることである。
(詳細は、https://www.kcl.ac.uk)