All about Photonics

Science/Research 詳細

Heriot-Watt University、3Dレーザビーム開発プロジェクト

July, 13, 2021, Edinburgh--ヘリオットワット大学がホストするNational Robotariumの研究者は、586,000ポンドを獲得し、形状が変えられる3Dレーザビームを開発する。

そのイノベーションは、製造およびヘルスケア技術産業を変革することになる。例えば、医療機器やモバイルデバイスなど、高精度製造を必要とする製品をより簡単に、安価に製造できるようにする。

Engineering and Physical Sciences Research Council (EPSRC)とUK Research and Innovationの一部からの融資は、産業アプリケーション向けレーザの開発をサポートし、ビジネスの利益のために、その技術の商用化を加速する。

レーザは、現代の製造で重要なコンポーネントであり、世界のレーザ加工市場は、2020年に28億ポンド、2025年には41億ポンドに達すると予測されている。産業用途は幅広く、精密切開、材料を特殊な形状に形作ることなど。

しかし、レーザベース製造へのこのアプローチは、材料の溶融、あるいは気化に依存する。つまりレーザのエネルギーを適切なポイントに集中させなければならない。標準のレーザビーム形状は、特殊な製造プロセスでは、この調整が難しく、効率が低下し、作れるものが制限される。

研究チームは、製品の正確な製造要件を満たし、効率と精度を改善するように特別に設計されたレーザビームを開発する。

新技術を利用して、スマートフォンスクリーンのセンサやカメラの穴開け、半導体チップの情報密度を増やし、デバイスで増え続けるメモリ需要に応える。

医療アプリケーションにはガン手術が含まれる。周辺の健康な組織を除去することなく腫瘍を切除できる正確な医療機器が望まれている。学界パートナーでは、プロジェクトのこの種の医療アプリケーション研究は、リーズ大学のDavid Jayne教授がサポートする。
(詳細は、https://www.hw.ac.uk)