All about Photonics

Science/Research 詳細

5Gサービス自動導入に向けた遅延に新光ネットワーキング

May, 11, 2021, Washington--非常に低い伝送遅延は、5G通信ネットワークにより約束される主要な特徴の一つである。加えて、スマートネットワーキングは、迅速なネットワーク修復を促進するために故障をモニタし予測する技術を必要としている。

Behnam Shariatiは、高度なモニタリングとデータ解析機能を持つ遅延認識光メトロネットワークを実証した研究チームの1人。同氏は、OFC2021のセッションで、システムのビデオ監視ケースとしてネットワークアーキテクチャと実現可能技術について議論する。

デモンストレーションの特徴は、エッジコンピューティング対応光ネットワーキングエコシステムでビデオ監視ケースの自動導入。このエコシステムは、商用ハードウエアおよびプロトタイプ、SDNコントローラ、オーケストレータ、オープンソースAPIsの相互運用性をサポートしている。

「実証された技術によりオペレータは、顧客からハイレベルのサービスデスクリプションを受け取り、それをインフラ全体にわたりエンド・ツー・エンド導入できる。インフラストラクチャは、様々なベンダの装置で構成されている」。

有効技術の一つは遅延プローブである。プローブは、タイムスタンプトラフィック情報を光ネットワークに注入することで機能し、自律的にリアルタイムでシステムの往復遅延計測を可能にする。これによってインフラストラクチャ全体で5Gサービスの最適割当が可能になる。

そのアプローチを証明するためにチームは、ビデオ監視システムの性能を評価した。80km長で、1/1000秒以下のエンド・ツー・エンド遅延、サービスセットアップ時間3分以下を達成した。サービスセットアップ時間は主に、送信レーザがウォームアップして安定するのに必要な時間であった。

Shariatiは、そのアプローチがビデオ監視に限定されないことを強調している。ビデオ監視は、多くの潜在的なアプリケーションの一つに過ぎない。

「ビデオ監視アプリケーションを他の垂直アプリケーションと置き換えることができる。インフラストラクチャ全体で利用できる高帯域、低遅延、エッジコンピューティングリソースを必要とするアプリケーションである」。

光接続の品質が劣化すると、モニタリングとデータ解析ソリューションによりネットワークオペレータは、丸1分の応答時間が得られる。これは対策を実行し、接続が切れることなく、ネットワーク再配置に十分な時間である。

「1分あれば、導入サービスの再構成は容易にできる。高速レーザウォームアップサイクルの光トランスポンダを利用すればよい」とShariatiは話している。