All about Photonics

Science/Research 詳細

生体分子モーターで動く人工筋肉、光で自在に作製可能

April, 22, 2021, 大阪--北陸先端科学技術大学院大学の研究者は、岐阜大学、大阪大学の研究者と共同で、筋肉のような収縮性のファイバ(人工筋肉)を、光照射した場所に自在に形成させることに成功した。
 この人工筋肉は、生物の動きに関わるタンパク質である生体分子モーターを遺伝子工学的に改変することにより実現した。光の照射形状を変えることで自由な形状・大きさの人工筋肉が造形でき、ミリメートルスケールの微小機械の動力に利用できることを実証した。この成果は将来、これまで困難であったマイクロロボットやソフトロボットの3Dプリンタによる製造への応用が期待される。

研究成果は、Nature Materialsオンライン版で公開された。

開発された人工筋肉は、現時点では形成・収縮が同時に起こり、かつ収縮は一回のみで用途も限定される。研究グループは、今後、制御用の分子システムを開発することにより、可逆または振動可能な人工筋肉を開発しマイクロロボットやソフトロボットへの実装を目指している。

研究グループ
北陸先端科学技術大学院大学・先端科学技術研究科 生命機能工学領域の平塚祐一准教授、杜釗 大学院生(博士前期課程)、岐阜大学・工学部の新田高洋准教授、大阪大学・大学院工学研究科 機械工学専攻の森島圭祐教授、王穎哲 大学院生(博士後期課程/特任研究員)による共同研究

(詳細は、https://resou.osaka-u.ac.jp)