All about Photonics

Science/Research 詳細

舗装用ブロック製造検査にマシンビジョンを利用

gui-pekat-vision-deep-learning-brick-defects

February, 26, 2021, Brno Czech Republic--PEKAT VISIONは、先頃、舗装用ブロックの製造における欠陥の検出について実行可能性調査を実施した。
舗装用ブロックの欠陥検査は、難しい。区別が困難なことがよくあるためである。特にカラフルなデザインの場合、カラーカメラでスキャニングすると、欠陥はほとんど見えなくなる。
製造で見つかる最も一般的なタイプの欠陥は、舗装用ブロックの欠けたエッジ、亀裂、及び内部の遺物である。
これらの欠陥は、3Dレーザスキャナを使い、続いてPEKAT VISIONで画像処理すると簡単に特定できる。
同社は、実験室でテストを行い、提案した実行可能性調査が素晴らしい結果であったことを確認した。
画像は、Automation Technologyの3DセンサC5-2040-GigEを使い取得した。その後、原画像は、灰色濃淡の深度図に変換された。
同社は、30の画像を使いトレーニングを実施。結果は、同社のSurface Detector moduleを使い、正確な欠陥検出となった。

(詳細は、https://www.pekatvision.com/)