All about Photonics

Science/Research 詳細

Nokia、ドイツVodafoneで100Gbit/sPONデモ

February, 5, 2021, Espoo--NokiaとVodafonは、単一波長で現在の最先端のネットワークの10倍高速の100Gbit/sまでの速度を提供できるPassive Optical Network (PON)技術のトライアル成功を発表した。これは、Nokiaの最新の業界初ファイバアクセス記録であり、10G PON、TWDM-PON、ユニバーサルPON および25G PONに続くブレイクスルーである。

トライアルは、Vodafoneのドイツ、Eschborn Labで行われ、ファイバブロードバンドの可能性を加速させる両社の長年の協力における最新の成果である。ブロードバンド接続需要は、急激に伸び続けている。サービスタイプ、接続デバイスの数、帯域消費に関してである。将来の固定アクセスネットワークが、この成長を吸収する能力を持つことは重要である。

単一波長で100Gbit/sを供給するためにNokia Bell Labsは、最先端のデジタル信号処理(DSP)技術と組み合わせてコスト効果の優れた25Gオプティクスを利用した。25Gクラスのオプティクスは、成熟したエコシステムに基づいており、今日利用可能である。25Gを超えるには、このトライアルで実証した先進的なDSP機能が必要になる。このDSPが採用されると、50Gおよび100Gへのステップは簡単であり、10年の後半には商用入手可能になる。

Nokia Bell Labs 100Gプロトタイプは、PONネットワークでフレキシブルレート伝送の世界初のアプリケーションである。フレキシブルレート伝送は、ファイバモデム(ONUs)をグループ化することで機能する。これは、同じネットワーク特性(例えば損失、分散)を示し、データ伝送をより効率的にするものである。フレキシブルレート伝送を利用すると、PONがさらに低遅延ににり、消費電力は半分になる。これは、ファイバネットワークにとって2つの重要な特性であり、膨大な量の固定およびモバイルブロードバンドサービスでは役割が急拡大している。

Vodafoneは、最先端のアクセス技術の先駆者の歴史があり、ヨーロッパでNokiaとともにTWDM-PONのトライアルを行った最初のオペレータである。
(詳細は、https://www.nokia.com/)