All about Photonics

Science/Research 詳細

LZH、水中用の静かなレーザクリーニングプロセス

foulas_bild3_laserline_2

March, 9, 2020, Hannover--船殻の海洋生物付着は、その産業にとって大きな問題である。いわゆる生物付着によって流水抵抗が増し、燃料消費や放出のも増加する。Laser Zentrum Hannover e.V. (LZH)は、Laserline GmbH 、Fraunhofer Institute for Manufacturing Technology、Applied Materials Research IFAMとともにレーザベースのクリーニングプロセスの開発により、下層のコーティングを損傷することなく、植物の生育を穏やかに、効率的に除去することを考えている。

船殻だけでなく、他の海洋技術表面、海洋風力発電、ガスや石油プラットフォーム、港のシートパイリング、潮力発電所、水産養殖網目ケージなどの基礎構造も生物付着の影響を受ける。“FoulLas”研究プロジェクトでは、プロジェクトパートナーが、表面上で環境にやさしく安全に、レーザ照射で水中の植物発育を阻止し除去すること考えている。ペイントベースの生物付着防止や腐食防護システムや材料層そのものも損傷を受けてはならない。

レーザで生物付着を除去
研究パートナーは、理想的には、流水が残った材料を洗い流すような仕方で細胞を除去するプロセスを開発している。

機械的クリーニングプロセスと比較して、それは、より効率的、穏やかに船舶をきれいにし、したがって流水抵抗を低く維持することができる。これは、燃料消費を大幅に低減し、究極的にはエミッションを減らす。

実際的な調査のために、Helgoland島のサウスハーバーでテストが実施される。Fraunhofer IFAMが、生育テストのためのテストベンチを運用する。多年プロジェクト期間、季節的な影響も実際の研究室ではマッピング可能である。
(詳細は、https://www.lzh.de/a>)