All about Photonics

Science/Research 詳細

顔、口、頭蓋組織再建のバイオプリンティングに280万ドルの助成金

4

February, 19, 2020, University Park--顔、口および頭蓋の欠陥をシームレスに補正することは至難の業である。骨、筋肉、脂肪や皮膚を含む様々な組織の精密スタッキングが必要になるからである。現在、ペンシルバニア州立大学の研究者は、頭蓋顎再建のための適切な組織を3Dバイオプリントして成長させる方法を研究している。

国立衛生研究所(NIH)の国立歯と頭蓋研究所からの5年の助成金により研究チームは、直接バイオプリントされた顔や頭の複雑な組織を手術中に適合させるために、幹細胞、生体材料と分化因子を研究する。

「3Dバイオプリンティングの進歩で、頭蓋顎修復のための複合組織を決まった場所に再建することが、最近実行可能になった。3Dバイオプリンティングにより、複雑な異種組織を解剖学的に正確に、美容的に魅力的な方法で実現できるようになっているからである」とプロジェクトの首席研究者、Ibrahim T. Ozbolatは説明している。

研究者は、損傷あるいは欠陥を修復するために、適切な組織を直接被験者にバイオプリントする方法を検討している。最初は、免疫不全ラットモデルで、骨組織のバイオプリンティングを検討する。次に、脂肪、真皮/表皮組織を含む多層皮膚組織を調査する。チームは、分化因子の影響、脂肪が皮膚組織の成長にどう影響するかに眼を向けている。

最後に、チームは,骨、脂肪、皮膚層を含む三層の複合組織を検討し、ソフト組織とハード組織両方の再生で血管新生の起こり方を判断する。

「われわれは補完的協働を形成した。この研究推進に必要な。バイオプリンティング、再生医療、頭蓋顎手術、形成外科、遺伝子送達、骨力学および骨と皮膚の生物学を統合している」とOzbolatは話している。

プロジェクトの目標は、人工組織層の複雑な相互作用を示す先進的なバイオプリンティング技術を生み出すことであり、局所的な分化因子のデリバリが頭蓋顎再建にどのように影響するかを理解することである。
(詳細は、https://news.psu.edu/)