All about Photonics

Science/Research 詳細

安全な幹細胞治療にラマン散乱を使うバイオセンサ

stemcellsDual-enhanced SERS_500

November, 26, 2019, New Brunswick--ラトガース大学をリーダーとする研究チームは、アルツハイマ病、パーキンソン病、他の神経疾患の処置向けの安全な幹細胞治療につながるバイオセンサ技術を開発した。
 Nano Lettersに発表された研究によると、独自のグラフェンと金ベースプラットフォームおよびハイテクイメージングを特徴とするその技術は、そのような細胞を脳細胞(ニューロン)に変えることに関与する遺伝物質(RNA)を検出することで幹細胞の結末をモニタする。
 幹細胞は、多くの多様なタイプの細胞になり得る。結果的に幹細胞治療は、アルツハイマ、パーキンソン、脳卒中、脊髄損傷など、病気の細胞が置き換え、あるいは修復を必要とするとき、神経疾患再生処理に有望である。とは言え、処置に使えるようになる前に、幹細胞を特徴づけ、その結末の制御が解決されなければならない。腫瘍の形成、幹細胞の制御されていない変形が、主要な障害として残っている。
 「重要課題は、複雑な幹細胞マイクロ環境内で、改変遺伝子、タンパク質などの指標、バイオマーカー検出の高感度と精度を保証すること。われわれの技術は、開発に4年かかったが、幹細胞で様々な相互作用の分析の大きな潜在性を証明した」と化学/化学生物学教授、KiBum Leeは話している。
 チーム独自のバイオセンシングプラットフォームは、一連の超薄グラフェン層と金ナノ構造で構成されている。そのプラットフォームは、ハイテクイメージング(ラマン分光学)と組み合わせて、今日のバイオセンサよりも高い信頼度、選択性、感度で、遺伝子を検出し、様々な種類の幹細胞を特徴付ける。
 チームは、その技術が幅広いアプリケーションに恩恵をもたらすと考えている。シンプルで迅速かつ正確なセンシングプラットフォームを開発することで、Leeのグループは、幹細胞治療により、神経疾患の処置を促進することを狙っている。
 幹細胞は、国立衛生研究所によると、細胞や組織の置換え再生可能源になる可能性がある。黄斑変性、骨髄損傷、脳卒中、やけど、心疾患、糖尿病、変形性関節炎、リウマチ関節炎などの疾患処置が目的である。