All about Photonics

Science/Research 詳細

原子の振動を波として電子顕微鏡で捉えた

fig

August, 16, 2019, つくば--産業技術総合研究所(産総研)ナノ材料研究部門電子顕微鏡グループ 千賀亮典主任研究員と同研究部門 末永和知首席研究員、ウィーン大学、ローマ・ラ・サピエンツァ大学、日本電子株式会社、森下茂幸博士は、新しく開発した電子顕微鏡を用いて、従来よりも2桁以上向上した空間分解能で、物質の最も基本的な性質の一つである原子の振動(格子振動)を波として計測する手法を開発した。その結果、1原子の厚みしかないグラフェン1枚の格子振動を初めて計測できた。
 格子振動は、熱伝導、電気伝導、光学的特性といった材料の性質に深く関わっているため、ナノ材料のデバイス応用を考えるうえで詳細な理解が必要不可欠である。しかしながら、従来手法ではバルクの試料から平均的な信号を得ることしかできず、測定できる試料にも限りがあった。今回開発した技術は、原子を構成する原子核と電子の位置が原子の振動によってわずかにずれることを利用して、格子振動のエネルギーと運動量を計測する方法。この手法を用いることで、原理的にはすべての材料の格子振動を10nmの局所領域から計測できる。これにより、これまで理論計算が先行していたさまざまなナノ材料の格子振動を直接計測することができるため、材料科学の発展に大きく貢献できる。また、工学的には格子振動が直接性能に影響を与える熱電素子や光電子デバイス、超電導体などの研究開発への貢献が期待される。
 研究成果の詳細は、Natureにオンライン掲載された。

(詳細は、https://www.aist.go.jp)