All about Photonics

Science/Research 詳細

POC光ファイバ製造モジュール、国際宇宙ステーションで実験

June, 18, 2019, Torrance--Physical Optics Corporation’s (POC)初の宇宙領域への取り組みで、応用技術部門が設計、作製したエンジニアリングプロトタイプがロケットで軌道に打ち上げられ、国際宇宙ステーション(ISS)に送られる。
 NASA支援の先端材料研究の目的は、無重力で高品質広帯域光ファイバ製造の実行可能性の評価である。無重力製造環境は、地球上の製造工程における欠陥を除去すると考えられている。こうした欠陥の除去は、これらのファイバの伝送特性を10倍高めるはずである。これらの光ファイバは、比類のない光伝送スペクトルを持ち、宇宙ベースのアプリケーションで利用できる。例えば、リモートセンシング、LiDAR、高出力レーザ、マルチ/ハイパースペクトルイメージング、大気モニタリング、光データ通信。
 POCの応用技術VP、Ranjit Pradhanは、「実験が成功すると、高品質のファイバオプティック材料の恩恵を受ける分野は多い。例えば、通信、レーザ手術、他の産業およびアプリケーション」とコメントしている。