All about Photonics

Science/Research 詳細

NTT、光変調器を超省エネ化し、高速高効率な光トランジスタを実現

April, 17, 2019, 東京--日本電信電話株式会社(NTT)は、世界最小の消費エネルギーで動作する光変調器と光トランジスタを実現した。
 従来、光変調器や受光器のような光-電気変換デバイスは高い電気容量をもつため、消費エネルギーが高く、光と電子回路が緊密に連携した信号処理を行うことは困難だった。研究グループは、フォトニック結晶と呼ばれるナノ構造技術を用いて、世界最小の電気容量をもつ光電変換素子の集積に成功した。この技術により、世界最小の消費エネルギーで動作するナノ光変調器や、光入力信号を別の光へ変換・増幅出力させる「光トランジスタ」を実現した。このようなナノスケール光電子集積によって、光による高度な信号処理技術をプロセッサチップの中へ導入することが可能となり、従来にない超低消費エネルギーで高速なコンピューティング基盤の実現が期待される。
 研究成果は、Nature Photonicsのオンライン版で公開された。

(詳細は、http://www.ntt.co.jp/)