All about Photonics

Science/Research 詳細

水中で効率的なレーザビーム切断の実現可能性研究

luwapro-2

February, 8, 2019, Hannover--Laser Zentrum Hannover e.V. (LZH)の研究者は、AZULaプロジェクトにしたがい、効率的な原子炉解体に水中でレーザビーム切断ができるかどうかを研究している。実現可能性調査で、研究チームはレーザビーム切断工程を開発し、放射線が活発で汚染された水中環境で利用するためにコンパクトな切断ヘッドを作製した。
 この新システムは、原子炉施設(原子炉圧力容器)の直接解体を可能にすると期待されている。レーザビーム切断は、従来の切断法、水ジェット切断、ノコギリ技術などと比べて重要な利点がある。取り分け、出口側の切断カーフのバインディングは、レーザプロセスの主要な利点である。水盤フロアの最終的なクリーニング費用が大幅に削減される。二次的、つまり技術的廃棄物の量が、水ジェット切断、ノコギリ技術と比べて大幅に低下するからである。この廃棄物の処理は時間もコストもかかる。さらに、ノコギリ技術はツールを詰まらせる傾向がある。こういうことは、レーザビーム切断では起こり得ない。したがって、プロセス時間は短縮される。レーザビーム切断は、したがって、原子炉コンポーネントの解体には、著しく安価な代替となる。