All about Photonics

Science/Research 詳細

光環境に合わせた植物のリン栄養獲得制御の発見

December, 12, 2018, 東京--東京大学 生物生産工学研究センターの柳澤修一教授らは、葉に照射された赤色光がシグナルとなり、根でのリン栄養の吸収を促進することを発見した。この現象では、赤色光受容体の1つであるフィトクロムBを介して複数のシグナル伝達経路が活性化されることによって、リン酸輸送体遺伝子の発現量が上昇することが重要であることも明らかにした。
 この研究により、光に応答して無機栄養吸収を調節する分子メカニズムの一端が明らかになったことで、今後、赤色光の強化による農業生産の増大方法の開発や、リン栄養の吸収能力が高い作物品種を作出する契機となることが期待される。
 土壌中の無機栄養は作物の生産性を決定する重要な環境要因。一方で、光も植物のさまざまな成長プロセスに影響を及ぼす重要な外部環境要因。根で起こる無機栄養の吸収と、地上部の葉に照射される光の関係性についてはこれまでほとんど未解明だった。

研究成果は、Nature Plantオンライン版に掲載された。
(詳細は、http://www.jst.go.jp)