All about Photonics

Science/Research 詳細

鳥の光回避行動が航空機との衝突を防ぐ

nws20181206_02_sr

December, 6, 2018, West Lafayette--パデュー大学の研究チームが発表した研究成果によると、鳥の中には赤と青のLED光により反対方向にリードされるものが存在する。
 光は、以前、鳥の「回避行動」実現に使われたことがあるが、どんな種類の光が有効かを支持する文献はほとんど存在しなかった。USDA動物と植物健康検査サービス(Animal and Plant Health Inspection Service)と協力し、パデュー大学の研究チームは答を見いだそうとしている。
 「われわれが考案した方法は、動物に選択肢を与えることだ」と生物科学教授、EWsteban Fernandez-Juricic氏は言う。
 研究チームは、鳥(ここでは、コウウチョウ)を放し、数インチ先で光パスが分かれ、一方は光を点灯、他方は消灯している。単一選択テストで、鳥は二色の間ではなく、光がONかOFFを選ぶ、これは回避行動計測にとって適切である。鳥が光がない方へ行くなら、その光は鳥に危険を警告するにふさわしい候補である。
 試験は、異なる5つの光波長で繰り返された。鳥は、ピークが470nm(青)と630nm(赤)のLED光を一貫して避けた。UV、グリーン、白色光は、目立った回避または誘引パタンを生成しなかった。
 過去には、鳥を追い払うためにUV光を使用しようとしたが、これは鳥がUV範囲の視覚が優れているという考えにもとづいている。こうした結果は、それが恐らく有効なアプローチでないことを示している。
 研究で鳥が回避した光の種類は、高いレベルの色対比、色の差があったが、グレーレベルにしか違いが起こらない低レベルの無色対比ではなかった。「研究が、光ピークの結果かコントラストの差かどうかは、確かではない」とFernandez-Juricic氏は言う。他の種類の鳥が違う種類の光にどのように反応するかと併せて、同氏は試験と実験を重ねることで答を得たいと考えている。