All about Photonics

Science/Research 詳細

RPIの研究でLUXEON SunPlus Lime LEDによる多収と栄養価実証

Horticulture_GettyImages-503536132_Lettuce_super-RGB

December, 25, 2017, San Jose--レンセラー工科大学(RPI)の研究は、葉物野菜の高収量と栄養価の両方がLUXEON SunPlus Lime LEDで達成されたことを実証している。
 比較研究で、研究チームは、LUXEON SunPlus Lime + Purple およびGreen + Purple LEDが有益な成長スペクトルであることを確認した。結果的に、高収量、人の健康にとって重要な抗酸化物質のレベルが高かった。
 NSF助成、レンセラー工科大学Center for Lighting Enabled Systems and Applications (LESA)が行った、コントロールされた園芸照明研究結果が発表された。様々な商用LEDを利用する研究は、多様なLEDの効果を赤色系レタスRouxaiで比較した。レタスで、収量と抗酸化物質濃度のベストの組合せが、LUXEON SunPlus Series LEDを利用して観察された。「多様なLEDの組合せを利用した成長結果の比較が、収量(生体量)、アントシアニンとクロロフィル濃度にベストのスペクトルは、LumiLEDのLUXEON SunPlus Lime + Purple およびGreen + Purple LEDであることを示している」と照明と植物生理学の世界的な専門家、LESAのDr. Tessa Pocockは説明している。「緑色の光が作物の生育に必要であり、緑領域の特殊波長が重要である」。この研究は、LESAとコーネル大学が運用するGreenhouse Lighting and Systems Engineering (GLASE) Consortiumの一部でもあり、New York State Energy Research and Development Authority (NYSERDA)の助成を受けている。NYSERDAは、緑の光を園芸照明器具に加える最も効果的な方法を調べている。
 「生産者は現在、作物にとってベストの色の組合せに到達するために様々なLEDで実験している。LESAの研究は、そのような実験が実を結ぶことを示唆している。普通の栄養価の高い作物が最高収量で生産できるからである」とLUXEON SunPlus Series製品ラインディレクター、Jennifer Hollandは話している。この研究は、ある比率でロイヤルブルー、グリーン、ディープレッド、遠赤外成分を含むLUXEON SunPlus Lime + Purpleの組合せのような光スペクトルが成長最適化に有益であることを実証している。
(詳細は、www.lumiLEDs.com)