All about Photonics

Science/Research 詳細

Twente大学、290Hz線幅ナローバンドレーザを開発

August, 2, 2017, Enschede--トゥウェンテ大学は、Lionix社と共同で世界最高狭線幅ダイオードレーザOn a Chipを開発した。
 このレーザは、急成長するフォトニクス領域のブレイクスルーであり、これにより5Gインターネットや精密GPSなどのアプリケーションの実現が近づく。
 可能な限り効率的に機能するフォトニクスチップでは、光信号を適切に制御できなければならない。伝送されるすべての光信号は、可能な限り同じ周波数、つまり同じ色でなければならない。トゥウェンテ大学の研究チームは、最大バンド幅がわずか290Hz(周波数の不確定性)の微小レーザOn a Chipを開発した。これは、これまでに作製された最も高精度のレーザOn a Chipである。研究リーダー、Klaus Boller教授は、「われわれの信号は、全てのレーザon a chipと比べて10倍以上コヒレント、つまりクリーンである」とコメントしている。
 新開発のレーザはチューナブルである。ユーザーは、広い範囲でレーザの色を選択できる。デバイスはハイブリッドレーザであり、本質的に2つの異なるフォトニックチップで構成されており、光学的に相互接続されている。
 この記録的なレーザにより無限のアプリケーションが可能になる、例えば5Gモバイルインターネット読むの可動アンテナ、光ファイバネットワークのデータフローの高速化、より正確なGPSシステム、建物や橋梁の構造的完全性をモニタするセンサなどである。
(詳細は、www.utwente.nl)