All about Photonics

Science/Research 詳細

3Dプリント生体構造モデル利用により臨床試験の効率と結果を改善

July, 3, 2017, Plymouth--心臓血管医療機器開発者や臨床医は、患者全体に安全で効果的な処置を保証するために機器や処置の臨床試験を必要とすることがある。多くのUSの医療専門家がMaterialiseと提携して同社の3Dプリンティングソフトウエアとサービスを使い、この広範でコストがかかる試験の結果と効率を改善し、市場にイノベーションをもたらすために役立てようとしている。
 Materialise 3Dイメージングとプリンティングソリューションにより、医師やデバイスメーカーは、生体構造に基づいて臨床試験に適した患者を分析し選定することができる。患者が選ばれると、医療専門家は3Dプリントされた、患者特有の生体構造モデルを使って手術計画を立て、複雑な症例に備え、処置するためのワークフローを考案し、患者の処置にプラスの効果が出るようにする。
 医療機器開発者にとっては、3Dプリンティングはプロトタイプや医療機器製造のためのより効率的なプロセスを示し、臨床現場かMaterialiseの3Dプリンティングサービスのいずれかを通して、開発者はすぐに試験が行える機器を作製かることができる。
 Materialiseは先ごろ、デトロイトのHenry Ford Health Systemと提携した。Henry Ford Innovation Institute およびHenry Ford Center for Structural Heart Diseaseの研究チームは、深刻な僧房弁疾患の患者のために高品質の患者検査(スクリーニング)を行い、治療計画を立てた。新しい画期的な経カテーテル僧房弁修復および置き換えデバイスは、複雑な3D生体構造に対応しており、正確なバーチャルプラニングは、処置の成功のための重要なステップである。
 Henry Ford Hospitalの構造的心臓イメージングダイレクター、Dee Dee Wang氏は、「3Dコンピュータ支援デザインイメージングを使って得た結果は、驚き以外の何物でもない」とコメントしている。「このバーチャルモデルによりわれわれは、前もって個々の患者の処置を計画しパーソナライズすることができる」。
 患者を正確に検査するための3Dイメージング、処置を計画するための3Dプリントされた生体構造モデルを使うことにより、病院は試験と今後の処置に対する患者の適格性を素早く正確に判定することができる。Materialiseソフトウエアを導入することで病院は、3Dプリンティングソリューションを拡張することができ、医療機器分野の信頼できるパートナーと協働を理解することができる。
(詳細は、www.materialise.com)