All about Photonics

Science/Research 詳細

ムーアの法則に希望をもたらす渦巻きレーザ

September, 8, 2016, Buffalo--レーザは今日の通信システムの中心部をなす。研究者たちは様々な方法でレーザを操作してきたが、主に多様な信号を1つのパスに詰め込んでより多くの情報を運ぶ方法である。しかしこのような技術、特に波長分割多重(WDM)や時分割多重(TDM)もその限界に近付きつつある。
 バッファロ大学(UB)の研究チームは、軌道角運動量という別の光操作技術を使ってレーザ技術を前進させようとしている。この技術では、レーザを中心部が渦巻きになった螺旋パタン状に分布させる。
 通常は大きすぎて現在のコンピュータでは機能しないが、バッファロのチームは、渦巻きレーザをコンピュータチップに適合可能なサイズに縮めることができた。レーザビームは螺旋パタンで進むので、異なる渦巻きの捻じれに情報をエンコードすることができ、直線的に進行する従来のレーザと比較して10倍以上の情報を運ぶことができる。
 渦巻きレーザは、先進的な送信器や受振器など、より強力なコンピュータやデータセンタを構築し続けるために究極的に必要とされる多くのもののうちの1つである。
 研究成果は、Science誌に発表されている。