All about Photonics

Products/Applications 詳細

オクラロ、100G LR4 CFP4トランシーバ増産

March, 4, 2015, San Jose--オクラロ(Oclaro, Inc)は、100G LR4 CFP4クライアント側トランシーバ増産を発表した。
 100G LR4 CFP4によって、ハイエンドルータやパケットオプティカルトランスポート(POT)システムが、迅速かつ経済的にフロントパネル密度を増やし、データセンタ相互接続やネットワークオペレータの帯域需要増に応えることができるようになる。この優位性は、トランシーバの小型形状設計と低消費電力によって達成されている。オクラロのCFP4は、高品質EthernetおよびOTU4データレートパフォーマンスを実現している。消費電力はわずか4W、これはDML技術ベースの他のCFP4ソリューションと同等か、それよりも優れている。また、オクラロのCFP4はオクラロの既存CFPおよびCFP2 LR4デザインと下位互換性があり、実績がある同社のInP 28GコアEML技術を利用して、標準の100GbEとOTU4データレートの両方で優れたパフォーマンスを提供する。EMLは、オクラロ独自のレンズ集積ピンフォトダイオード(LIPD)アレイと共に、日本のオクラロウエファ工場で垂直統合され、顧客にとってはコスト効率の優れたソリューション、リードタイム短縮を可能にしている。
 オクラロの100G LR4 CFP4は主要顧客向けに出荷中であるが、量産は2015年第2四半期の予定。