All about Photonics

Products/Applications 詳細

AACCI、レーザトポグラフィ法によるパンの容積テストを承認

nws20141218_03_pa

December, 18, 2014, St. Paul--パーテンインスツルメンツ(Perten Instruments)は、アメリカ穀物化学者協会-国際(AACCI)がパン容積を判定する新方法を承認したと発表した。
 この方法は、パーテンのアナライザをベースにしたBVMレーザトポロジー(局所解剖学)を利用する。同方法は、AACCI物理試験法技術委員会(Physical Testing Methods Technical Committee)が行った共同研究で評価され、200~2800mLの容積範囲のサンプルで、許容できる精度を実証している。結果は、参照水置換分析によって判定した容積と同じであった。
 「BVM法は客観的、非接触、迅速かつ簡単に実施でき、精錬およびパン製造工業の仕様に適合している」とパーテンインスツルメンツ流動学事業開発マネージャ、Mark Bason氏はコメントしている。
 さらに、BVM容積アナライザは、パンの塊のサイズを計測し、結果をファイル保存する、これには3D、回転可能な形状が含まれる。保存されたデータや画像は、継続分析、製造品質コントロール、監査記録に使用できる。