All about Photonics

Products/Applications 詳細

デュアルレート100G LR4/ER4 CFP2用レーザとドライバ発表

September, 26, 2014, Cannes--ネオフォトニクス(NeoPhotonics Corporation)は、デュアルレート100G LR4/ER4 CFP2クライアントサイドトランシーバ向けに低消費電力28G EMLレーザとドライバを販売する。
 ローパワーEMLレーザとドライバは、特に、総消費電力9W以下を必要としている100G CFP2パワークラス3トランシーバには必須。
 100G LR4/ER4トランシーバ向けのネオフォトニクスCFP2 EMLレーザとドライバは、25G IEEE.802.3ba 100GBASE-LR4/ER4標準と厳しい28G OTU-4標準に完全準拠している。CFP2トランシーバの設計サイクルタイムを短縮し、最良整合ソリューションを提供することを目的に設計は、ドライバとEMLレーザとの間で最適化されている。この調和のとれたレーザとドライバに利用できるフォームファクタは、4-ch EMLレーザをPICベースTOSAに集積した100G クワッドTOSA、またチップオンキャリアレーザ/ドライバにも適している。クワッド TOSAの最大消費電力は動作温度範囲で2W、ドライバの一般的な消費電力は動作温度範囲で0.3W。すでに販売しているハイパフォーマンス、量産CFPバージョンEMLレーザとドライバとともに、ネオフォトニクスは25/28Gデュアルレートハイパフォーマンス量産EMLレーザとドライバセットを現在の全100Gクライアントインタフェースアプリケーション向けに提供する。