All about Photonics

Products/Applications 詳細

NEDO、安全安心なドローン基盤技術の取り組み成果を商品化

December, 9, 2021, 東京--NEDOは高性能・高セキュリティーな小型ドローンの開発を目指して「安全安心なドローンの基盤技術開発」に取り組み、同事業の成果が(株)ACSLのドローン「SOTEN(蒼天)」の商品化に結びついた。

同事業の成果を用いて今回商品化される「SOTEN(蒼天)」は、小型・軽量で携帯性に優れるとともに、高い防じん・防水性能を備えることで過酷な環境下での使用も可能にしている。準天頂衛星システム「みちびき」に対応して高精度な位置情報を取得できるほか、データの漏洩や抜き取りの防止、機体の乗っ取りへの耐性を実現する、高セキュリティーな機能も有している。こうした特徴を生かし、災害時の被災状況調査やインフラの点検など、ドローンのニーズが拡大している公共分野での活用が期待できる。

ドローンの標準機体とフライトコントローラーの設計・開発
商品化される機体は小型・軽量(展開時寸法637mm×560mm(プロペラ含む)、重量1.7kg)で、プロペラアームを収納できるほか、カメラのワンタッチ交換や機体上部への取り付けを可能とするなど、優れた携帯性と拡張性を有している。また高い防じん・防水性能(IP43)を備えるとともに、業界標準の機体制御プロトコル「MAVLink」に対応し、高い精度で位置情報を取得可能な準天頂衛星「みちびき」に対応したフライトコントローラーを搭載している。これにより、山間やビルの谷間など過酷な環境下での使用も可能にした。さらに、ドローンの運航管理に関するリモートIDは、国土交通省を中心に検討されている、Bluetooth5.0を活用したブロードキャスト型※7を取り入れたほか、クラウドシステムは関係省庁などの組織構成に合わせた権限で、飛行ログや空撮画像・動画の管理ができるようにした。

これらにより、携帯性と拡張性に優れ、組織での運用にも優れた小型ドローンの標準機体とフライトコントローラーを実現した。
(詳細は、https://www.nedo.go.jp)