All about Photonics

Products/Applications 詳細

スマートフォンやタブレットのUV光を99.99%のカット

July, 17, 2014, Los Angels-- 先進的ゲームやコンシューマ電子製品を製造販売している、インターワークス(Interworks Unlimited)は、UV光の99.99%をカットして目を保護するKonnet Care Vision Protective Shieldを発表した。
 UVカットには、同社特許申請中のUV Blue Light Deflection技術を用いている。これはUVブルーライトを偏光するようにファイバコーティングしており、機器を覗き込んでも有害なUVt MAXから目を保護しUVブルーライトは目に届かない。
 光エネルギーや視覚の専門家は何年も前から、目の健康に対するUV光の危険性についての知見を持っていた。スマートフォン、タブレット、その他の機器で見られる青色LEDディスプレイの普及、またコンシューマがこれらの機器を使う時間が長く頻繁になることにともなう長期的な影響を研究者は調べ、目の健康を維持するためのソリューションを提供し始めている。インターワークスの社長、エリック・ルー氏(Eric Lu)は、「Vision Protective Shieldはアンチグレア、アンチスクラッチ、あるいは強化ガラスよりも、はるかに重要である。なぜなら、携帯電話のスクリーンはいつでも取り替えることができるが、目を取り替えることはできないからだ。当社のシールドは、ぎらつきも抑え、事実上目に優しくなっている」とコメントしている。
 特に子供は、学校や家庭でスマートデバイスの利用が拡大しているので、近視になるリスクが高くなっている。欧米諸国では、25~50%の子供が近眼になり、アジア諸国の子供たちは最大80%が近眼になる。これを阻止するために台湾の教育・科学(教育省と協力して)、香港国際スクールのような学校は、学校で使用するタブレットとVision Protective Shieldをセット売りし始めた。これには、教師と子供たちの両方から肯定的な意見が得られている。学生だけでなく、はっきりとした視覚はスポーツ選手にとっても非常に重要である。このため、全NBA香港協会も、全てのLED機器にシールドを使用している。
Vision Protective Shieldの特徴
・モバイルやコンピュータ機器からの380~400nmの光を99.99%阻止する。
・レンズ変形を回避し、白内障や近眼から目を保護する。
・網膜に害を及ぼす青色光を防ぎ、黄斑変性を回避する。
(詳細は、 www.interworks-usa.com)