All about Photonics

Products/Applications 詳細

エネルギー分散型蛍光X線分析装置「EDX-LE Plus」を日本発売

June, 2, 2021, 京都--島津製作所は、6月1日にエネルギー分散型蛍光X線分析装置「EDX-LE Plus」を日本国内で発売した。
 製品はRoHS指令およびELV指令で特定有害物質として指定されているカドミニウムや鉛、水銀などを高感度・高精度・短時間で測定できることから、RoHS/ELVスクリーニング検査に最適。島津製作所は2017年から中国に、翌2018年からは韓国や東南アジアなどに輸出してきた。様々な顧客の需要に対応すべく、日本国内での販売も開始した。

エネルギー分散型蛍光X線分析装置(EDX)は、試料にX線を照射して発生する蛍光X線のエネルギー(波長)や強度を解析することにより、試料を構成する元素の種類や含有量を調べる。非破壊で短時間に分析できることから、RoHS/ELV指令に対応する電子機器・自動車メーカーおよびサプライヤーなどが原材料の受け入れ・完成品出荷時の検査など品質管理のほか、各種部品の品質保証に利用できる。また、一般の材料組成や不純物分析としても有効。

「EDX-LE Plus」は、「高感度・高精度・短時間の測定」「専用ソフトによる簡単操作」「大型試料に対応」といった特長を有している。最近は5G(第5世代高速通信規格)関連製品の検査需要が拡大しており、海外での累計販売数は650台を超すヒット製品となっている。

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、グローバルなサプライチェーンを見直して、国内の生産拠点に再投資する動きが出てきている。アジアの工場で利用されているこの製品について日本国内での購入を希望する声に応えて、島津製作所は、海外専用製品である「EDX-LE Plus」の日本国内販売を決定した。

(詳細は、https://www.shimadzu.co.jp)