All about Photonics

Products/Applications 詳細

Arista、400G ZR相互運用テスト完了

PR-20210217-1

March, 1, 2021, Santa Clara--Arista Networksは、Microsoftの120kmオープンラインシステムテストベッドでマルチ400 ZRサプライヤ間の相互運用テスト成功を発表した。このマルチベンダテストは、健全な、相互運用、コヒーレントオプティクスエコシステムの基盤となるものであり、顧客は、高速データセンタインタコネクト(DCI)ネットワーク構築で多数のオプションが利用できる。

400G ZRは、クラウドサービスプロバイダの次世代DCIネットワークに最適である。相互運用性、高密度とコスト効果の優れたメトロ容量に対する要求に、それが対処しているからである。標準グレイオプティクスと同じ密度で、その技術はシングルファイバペアで25Tbit/sの帯域を提供する。スペクトル的に効率的なコヒーレント信号を標準QSFP-DDモジュールに圧縮している。熱管理を強化した次世代ルータは、様々な400G ZRベンダを収容する必要があり、またこれは実行可能なマルチソースエコシステム実現のカギとなる。Arista Networksは、Microsoftの120kmオープンラインシステムテストベッドでマルチ400 ZRサプライヤ間の相互運用テスト成功を発表した。このマルチベンダテストは、健全な、相互運用、コヒーレントオプティクスエコシステムの基盤となるものであり、顧客は、高速データセンタインタコネクト(DCI)ネットワーク構築で多数のオプションが利用できる。

400G ZRは、クラウドサービスプロバイダの次世代DCIネットワークに最適である。相互運用性、高密度とコスト効果の優れたメトロ容量に対する要求に、それが対処しているからである。標準グレイオプティクスと同じ密度で、その技術はシングルファイバペアで25Tbit/sの帯域を提供する。スペクトル的に効率的なコヒーレント信号を標準QSFP-DDモジュールに圧縮している。熱管理を強化した次世代ルータは、様々な400G ZRベンダを収容する必要があり、またこれは実行可能なマルチソースエコシステム実現のカギとなる。Aristaの7800R3ルーティングプラットフォームでMicrosoftの伝送テストは、様々な400G ZRベンダで優れた光パフォーマンスと熱パフォーマンスを確認した。
 
Aristaのエンジニア、Hacene Chaouchは、「400G ZRトランシーバモジュールの実証されたパフォーマンスに非常に満足している。当社の標準ルーティングプラットフォームでマルチ40G-ZRベンダからのモジュールをシームレスにサポートできることは、DCI領域における大きな前進である」とコメントしている。

Microsoftのバックボーンネットワーク主席エンジニアリングマネージャ、Jamie Gaudetteは、「400G ZRの進歩に満足している。OIFとわれわれとの協働により、マルチベンダ相互接続性とコスト効果の優れた400Gトランスポートを達成した。これによりMicrosoftは、より大きな帯域を顧客に提供し、われわれはデータセンタ拡張を加速することができる」と話している。 

Arista 7800R3は、460Tbit/s容量までの大規模クラウドネットワークに最適化されている。100Gおよび400Gパフォーマンスと包括的な特徴を統合してService Provider、Cloud WAN、及びContent Edge and Data Center Interconnect (DCI)のニーズに対応する。

(詳細は、https://www.arista.com)