All about Photonics

Products/Applications 詳細

II-VI、ライフサイエンス向けに多波長レーザモジュール発売

II-Vi_Fiber-Coupled-Multi-Wavelength-Laser-Module-PR2

February, 25, 2021, Saxonburg--II‐VI Incorporatedは、ライフサイエンス向けに多波長レーザモジュール製品ラインを発表した。

ライフサイエンスで急増するフォトニクスベース測定器数、蛍光ベースイメージングシステム、フローサイトメータ、DNAシーケンサ、を含む測定器が、多機能レーザ製品プラットフォーム需要を牽引している。これらは、容易に再構成でき、同時に非常に高性能である。II-VIの多波長レーザモジュールは、多くの可視波長組合せで4レーザまでの構成が可能であり、1mWから5mWの出力で、80%を超える傑出した近接強度均一性を維持している。これにより、これらの製品は、幅広い範囲のライフサイエンス測定器に最適となる。

「COVID-19のためのPCRテストに対する広く受け容れられた信頼性は、ライフサイエンス向けの測定器が、高品質光源とオプティクスに対する依存度がいかに高いかを示している。われわれは、このトレンドは、さらに加速すると見ている。当社のISO認定バイオメディカルアセンブリ工場とともに熱電およびフォトニクスにおける当社の中核技術を活用し、われわれの高度に経験をつんだ新製品導入チームが、ライフサイエンス顧客に製品コンセプトから量産まで、ワールドクラスのターンキーサポートを提供する」とチーフマーケティングオフィサー、Dr. Sanjai Parthasarathiはコメントしている。

II-VIの多波長レーザモジュールは、可視光で最大4波長までカスタム構成が可能である。青色(405/450/465/488 nm)、グリーン(520/532 nm)、または赤(640/660 nm)。これらは、ARMマイクロコントローラを完全統合しており、ソフトウエア構成およびリモートモニタリングが可能になっている。コンパクトでカスタマイズ可能なII-VIのモジュールは、最高品質の性能と信頼性を提供する。これらは、広範なライフサイエンスアプリケーション向けの測定プラットフォームに簡単に組込可能である。

(詳細は、https://ii-vi.com)