All about Photonics

Products/Applications 詳細

LPKF、AMPでパッケージとSiPベースアンテナ実現

csm_LPKF_AMP-produced_antenna_fae8d058fe

February, 18, 2021, Garbsen--LPKFソリューションは、パッケージを統合するでシンプル、時間節約、スペース節約アンテナとなる。

RFアプリケーションは、多様で、高度である。コンシューマエレクトロニクスや自動車産業から航空宇宙分野まで幅広い領域で利用されている。これらの領域のアプリケーションには、アクティブモールドパッケージング(AMP)が、スペース節約でシンプル、高信頼の方法でプレーナアンテナをパッケージに直接統合することができる。

AMPは、ICパッケージングの斬新なインタコネクト技術。ここでは、ICパッケージのこれまで利用されていなかったエポキシ樹脂封止(EMC)エリアを電気機能のアクティブキャリアに変換。AMPは、表面の付加的メタライズ層、EMCボリュームとなり、これによりミリ波アプリケーションへの新たなアプローチが可能になる。

簡素、時間節約、信頼度の高いその技術は、3つの証明済み、標準化された電子製造技術に基づいている。EMCエンカプセル、レーザダイレクト構造化(LDS)を利用するレーザ加工、レーザ加工エリアの銅による選択的メタライズ。AMPは、25 µm線幅とスペース分解能のミッドレンジパッケージング技術と考えられている。

AMPプロセスは、ICとSiPパッケージ内部で、現在のミリ波アンテナ設計および製造アプローチの進歩的代替である。この革新的プロセスの一つの利点は、下層エンカプセル回路との直接接続。信号のパス長、インダクタンス、容量およびインピーダンスは、複雑さを低減して構造化し、ファインチューニングできる。AMPにより、他のプロセスのアンテナとフィードライン間の複雑な接続から生ずる歩留まりやサービス寿命の問題は、著しく低減される。

AMPは、広範なRFアプリケーションをカバーする。5G技術と「ビヨンド5G」(B5G)あるいは6GにカテゴライズされたRF技術に広がるアプリケーションエリアに含まれるのは、導波路、ストリップライン、アンテナイン/オンパッケージ(AiP / AoP)モジュール形式のミリ波アンテナ。これは、例えば、サブ-6GHz、24GHz、61GHzと121GHz ISMバンドで動作する。

AMPにより、76-81 GHz自動車レーダーモジュール、5G増幅器、EMIシールディングが実現可能になる。このプロセスの他のアプリケーションに含まれるのは、パッケージ・オン・パッケージ(PoP)、2Lインタポーザ、マルチチップモジュール(MCM)、熱管理、SiP接続である。

(詳細は、https://www.lpkf.com)