All about Photonics

Products/Applications 詳細

古河電工、Blue-IRハイブリッドレーザ「BRACE」販売開始

fun_20201116_01

November, 17, 2020, 東京--古河電気工業株式会社(古河電工)は、青色DDLと近赤外(IR)ファイバレーザを組み合わせたBlue-IRハイブリッドレーザ「BRACE」を2021年1月18日より販売開始する。
 同製品は、2020年6月5日に発表した日亜化学工業株式会社との共同開発により実現した高輝度青色LDMを搭載しており、高効率なエネルギー付与が可能となることで、銅の溶接工程の生産性向上に大きく貢献する。今後も、青色LDMのより一層の高出力化を図り、次世代ハイブリッドレーザを開発・製品化し、xEV向け主要部品をはじめ多様な用途における銅溶接の生産性向上および製造工程の省人化に寄与していく。

また、2021年1月25日に同製品を導入した「アプリケーションラボ」を古河電工千葉事業所内に開設し、顧客持ち込みサンプルのテスト加工が可能となる。

装置仕様
・製品は、青色DDL出力150W(コア径110μm)と近赤外(IR)ファイバレーザ出力1kW(コア径14μm)を組み合わせたハイブリッドレーザであり、それぞれ世界最高レベルの輝度を有している。
・青色DDLおよびファイバレーザの出力・タイミングを一括制御することが可能。
(詳細は、https://www.furukawa.co.jp)