All about Photonics

Products/Applications 詳細

海の寄生虫と闘うJenoptikレーザテクノロジー

May, 30, 2014, Victoria--ノルウェー海域の養殖鮭から寄生虫除去に成功するためにスティングレイ マリン ソリューションズ社(Stingray Marine Solutions AS)は、緑色レーザビーム、高精度JenoptikレーザJenLas D2.8を使用する。
 これは銃身のような保護管に設置され、ネットペンに直接沈められる。鮭がこのデバイスを通過するとき、カメラシステムがスキャンする。魚の皮膚に、いわゆるフナムシの外観が認識されるといつでも短いレーザパルスが放射され、魚に害を与えることなく寄生虫の組織を破壊する。リアルタイムソフトウエアによってリアルタイムの反応が可能になっている。ソフトウエアは、この目的のために特別に作られている。このシステムは、オンライン制御、モニタされており、この技術の永久使用が可能になっている。
 ノルウェーの企業との提携は2012年末に始まった。それ以来、レーザでフナムシを撃退するというアイデアをシステムとして開発し、その設計とプロセスで複数の賞を受賞している。このアイデアを採用する大きな理由は、スティングレイ社の採用が、環境と消費者の健康にプラス効果があること。これまで、約8~12㎜の大きな寄生虫が魚の皮膚に固着して鮭を弱らせていた、これは薬品を使ってしか駆除することができなかった。これは、結果的に養殖場付近の海に深刻な害を及ぼすことになる。
 ノルウェーの企業との協力を通じてイエナオプティック社は、この実績豊富なレーザ技術に新たな種類のアプリケーションを開発している。JenLas D2技術は、14年間にわたりイエナオプティック社の中核技術となっている。光源としては、このレーザは特に医療分野、眼科、レーザ内視鏡、皮膚科で用いられている。これらの医療用途に加えて、このレーザはレーザショーやプロジェクションなど、エンタテインメント分野でも成功を収めつつある。