All about Photonics

Products/Applications 詳細

IDS、偏光を使って他のセンサから隠れた細部を検出

ids-machine-vision-polarisation-cameras-ueye-cp-c407f326

April, 14, 2020, Obersulm--IDSのグローバルシャッタCMOSセンサIMX250MZRは、Sony Pregiusファミリのオンピクセルポラライザに集積されており、低コントラストまたは反射光の場合、優れた物体検出を保証する。また、表面のキズ、透明物体内の応力分布も容易に検出できる。

5 MPixelセンサは、29 x 29 x 29 mm uEye CP産業用カメラで提供される。B3 Vision と GigE Visionインタフェースも利用可能。

偏向フィルタにより、センサは、単一画像で4偏光方向の画像を生成する。各偏光方向の強度に基づいて、光源の偏光方向と偏光角度を決めることができる。これらの特性によりセンサは非常に多用途になる。例えば、追加加工前に表面上の残余をチェック、あるいはトラフィックモニタリングなど。

IDSは、すでに次のファームウアエアアップデートに取り組んでおり、これによりカメラの偏光モードに対応するセンサの生データを予め定義された結果画像に変換し、それらを直接カメラからエクスポートできる。ピクセルフォーマットは、自動的に選択されたモードに適応するようになる。
(詳細は、https://en.ids-imaging.com)