All about Photonics

Products/Applications 詳細

UV装備殺菌ロボット、コロナウイルスとの闘いに役立つ

2

April, 8, 2020, Frankfurt--ロボットは、世界中でcoronavirus SARS-CoV-2との闘いで重要な役割を果たす。例えば、殺菌ロボットUVDは、COVID-19パンデミック以来、需要高騰となっている。中国の病院は、デンマークのメーカーBlue Ocean Roboticsから2000を超えるUVDロボットを発注した。

同装置は、アジア、ヨーロッパ、も米国、世界の40ヶ国以上で稼働している。UVDは、有害な微生物を殺すために紫外光(UV-C)を使用する。ロボットは、IEEEとIFRからIERAイノベーション賞を受容している。

Blue Ocean RoboticsのCEO、Claus Risagerは、「現代の最大の問題解決にわれわれは貢献する。ロボットでウイルスやバクテリアの広がりを阻止し、生命を救う。COVID-19の爆発により急速な需要が著しく増加した。既存顧客が以前にも増して購入しており、多くの新規顧客も、コロナウイルスや他の微生物と闘うために、UVDロボットを発注している」とコメントしている。Blue Ocean Roboticsは、過去2年に対して、年間400%以上の販売増を見込んでいる。

ロボットは自律走行
ロボットは、病室や手術室を自律的に動き回る。特定のウイルスやバクテリアを殺すために適切な量のUV-C光で全ての重要な表面をカバーする。ロボットが表面に対して露光量を増やせば増やすほど、有害な微生物がますます破壊されることになる。一般的な病室では、全ウイルスとバクテリアの99.99%が、10分以内に死滅する。

今後、医療ロボットは、大きな成長可能性を持つ確立したサービスロボット市場となる。2018年、医療ロボットの販売は、50%増、5100台だった。これは、IFRによる世界ロボットの統計である。

(詳細は、https://ifr.org/)