All about Photonics

Products/Applications 詳細

Luna、ポータブル高分解能反射測定器を発表

2

March, 18, 2020, Roanoke--Luna Innovations Incorporatedは、業界最高分解能ポータブル反射測定器の発売を発表した。OBR 6200シリーズは、ファイバオプティクアセンブリやネットワークの先進的検査と診断を行う。

Lunaの実績あるOptical Backscatter Reflectometer (OBR)技術は、光リンクの超高分解能マップを形成することで、先進的デザイン、診断と検査機能をファイバオプティクスメーカー、開発者、インストーラに提供する。OBR 6200シリーズ測定器は、100メートル長までの短尺光ネットワークのテストとトラブルシューティング用の超高感度、ラギッド、ハンドヘルド反射測定器である。このブレイクスルー新製品は、商用および軍用航空電子機器、データセンタネットワーク、産業製造アプリケーションのインストレーションと保守に大幅に改善された診断機能を提供する。

OBR 6200シリーズは、当初、F-35 Joint Strike Fighterなどの先進的航空機搭載のファイバオプティクリンクの現場サポートと保守用に開発された。このため、OBR 6200は、耐久性と使いやすさを念頭に設計された。厳しい軍事操作基準と環境基準“go/no-go”データと品質のタッチスクリーンインタフェースを組み込んでいるので、OBR 6200はファイバオプティクリンクの分析と保守を簡素化し、多くの環境へ導入可能である。OBR 6200は、業界標準OTDRが十分な分解能、精度を提供できないようなアプリケーションで診断能力を提供する。他の「高分解能」 OTDRsよりも100倍の空間分解能と正確さを持つOBR 6200は他の測定器では達成できないような正確な診断を可能にする。

Lunaの社長/CEO、Scott Graeffは、「LunaのOBR 6200シリーズは、光ネットワークの保守とトラブルシューティング向けで業界一の高分解能ツールである」と主張する。「F-35のファイバネットワークのサポートでLockheed Martinチームと当社との協働は、この製品が正確さと使いやすさの極致で統合されていることを保証するものであり、またコンポーネントのパフォーマンスとネットワークアップタイムを確実にするためのファイバシステムの総合品質管理を含め、この測定器の多くのアプリケーションについて楽しみにしている」と話している。

OBR 6200シリーズ計測器は、製品がIP65(耐水および防塵)、MIL-STD認定の耐久性があり、高速取得スピードが振動の影響を減らすので、サービスおよび保守向けフィールドでの利用に最適である。ポータブル製品はタッチスクリーンであり、簡単に充電できるLi-Ionバッテリを搭載しており、SMFおよびMMFインストレーションで使える。

(詳細は、http://lunainc.com)